Art CUBE

Art CUBE

  • 体内の洞窟、家の光(部分)
期間 5月10日(水)~6月27日(火)
作家名 三輪恭子(Kyoko Miwa)
作品名 『体内の洞窟、家の光(部分)』
素材/技法 紙にパステル、ペン
サイズ 243mm×333mm

●アーティストメッセージ

私は現在福岡市を拠点に様々な場所へ赴き、そこから着想を得たドローイングやインスタレーション作品を制作しています。時間とともに忘れられてゆく個人や場所の記憶にはたらきかけ、その存在を肯定する作業を行っています。

三輪恭子(Kyoko Miwa)美術作家

●プロフィール

1982年  宮崎県生まれ
2007年  福岡教育大学大学院 教育学研究科 修了
2013年  三輪恭子 個展(東京/Gallery-58)
2014年 『2014イチハナリアートプロジェクト』
2014年 (沖縄/伊計島)
2015年 『福岡県立美術館コレクション連動企画展
2015年  “あること”』(福岡県立美術館)
2016年 『personal happy mark』
2016年 (福岡/art space tetra)
2017年6月2日(金)~11日(日)
2016年  韓国蔚山広域市にて、
2016年 『Taehwa Eco River Art Festival』に
2016年  参加予定

前のページへ戻る