TOP > スタッフブログ > ベビー/キッズ > 火曜日はこどもの健康×子育て講座♪

火曜日はこどもの健康×子育て講座♪

更新日: 2016/8/23

  •  
  •   mixiチェック

こんにちは
コミュニティールーム中村です

毎週火曜日はNPO法人こどもとくすり
子育て・医療の専門家に学ぶ「健康×子育て」講座
です

11時からはママ小児歯科医 江上 麻美先生による
「離乳食」と「お口の発達」から見る子どもの健康です


お口に食べ物を詰め込みすぎたり食べこぼしをしながら一人で食べることを覚えるのは1歳頃
コップで水を飲めるようになるのは1歳半頃
大人と同じような食事ができるようになるのは3歳頃だそうです

成長するにつれて舌もいろんな動きができるようになり、4~5ヶ月頃で前後にしか動かせなかったのが7~8ヶ月頃で上下、9~11ヶ月頃になると左右に動くようになります
これは唇の動きを観察することでも分かるそうなので離乳食を進めるときの目安にできます

手掴み食べは自分の一口量を覚える練習になり、たくさんさせることでスプーンやフォークなどの道具が上手に使えるようになるそうです
そしてご飯の時間は足が床につくイスだと踏ん張ることができ奥歯で噛むのが上手になるためおすすめだそうです

13時からは保育アドバイザー 臼木 淑子先生による
職場復帰を控えたお母さんの「不安あるある」を解消しよう!です


入園前にできること
1 生活リズムを整える
2 保育園選び
3 手伝ってもらえる人リスト


保育園を選ぶ時には一番目に行きたい園を選ぶことはもちろん、新しくできた園や小規模保育園も視野に入れておくとよいそうです
保育園選びのときに「お子様のため」にいいところを選ぶ方が多いかと思いますが、ママやパパのことも頭に入れてあげてください
園の教育方針を優先してお家から遠い保育園へバスや電車を乗り継いだり長距離を車で移動する方もいらっしゃるようですが、月齢が小さい頃は急にお迎えが必要になることがよくあるようです
家から遠い保育園だとママやパパに負担が大きく毎日が大変
「少しの妥協も必要」だとお話されていました

そして緊急時に備えておじいちゃん、おばあちゃん、
子育てを支援してくれる団体、お手伝いをお願いできるご友人など、頼れる人リストを事前に用意しておくことでお互いの心構えができてよいそうです

14時30分からはこそだて心理カウンセラー まつお ひでこ先生による
朝までぐっすり!How to 夜寝る赤ちゃんです

本日は全員1歳未満の方のご参加でした


一番のポイントは起床時間を毎日同じにすること
続いて大事なのが就寝時間だそうです
生活リズムを整えることは卒乳やトイレトレーニングにも繋がるため今のうちから始めておくとよいそうです
そして夕方に寝てしまった場合は、夜の睡眠に影響しないように15分程で起こしてあげた方がよいそうです

入浴は寝る1~2時間前
睡眠ホルモンの「メラトニン」は起床してから14~15時間後に分泌されやすいと言われ、入浴後の湯冷めには自然な眠りを誘う作用があるそうなので、就寝時間から逆算して入浴を済ませると眠りに誘いやすくなるようです

本日より9月の火曜日のプログラムが予約開始されました
歯と口のお手入れのポイント、おちんちんケアの方法、子どものアレルギーについてのお話などをご用意しております
人気のプログラムはすぐに予約満員となりますのでお早めにご予約ください

本日もご参加いただきありがとうございました
イベント応募はこちら

8月30日(トイレトレーニング~導入から実践まで~/幼い子供の熱中症/「こんなときどうしたらいいの?」子育てトーク)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月6日(赤ちゃんのための寝かしつけ/よくある子どもの事故。どう守る?/体の発達とおちんちんのケア)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月13日(赤ちゃんのための歯のケア/離乳から卒乳へ/「こんなときどうしたらいいの?」子育てトーク)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月20日(はたらくママのためのあるある「子育ての不安」を解消しよう!/夜寝る赤ちゃん/「こんなときどうしたらいいの?」子育てトーク)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月27日(歯と口のお手入れどうするの?/トイレトレーニング/子どものアレルギー「キホンとギモン」)のご予約はこちらから。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。