TOP > スタッフブログ > ベビー/キッズ > 火曜日はこどもの体と心を考える日♪

火曜日はこどもの体と心を考える日♪

更新日: 2016/8/30

  •  
  •   mixiチェック

こんにちは
コミュニティールーム篠原です

毎週火曜日はNPO法人こどもとくすり
子育て・医療の専門家に学ぶ「健康×子育て」講座です
11時からはこそだて心理カウンセラー まつおひでこ先生による
9月からはじめるトイレトレーニング‐導入から実践まで‐です

0歳は快・不快を育てる時期
1歳は出たかもを教えてくれる時期
1歳半は出ちゃったがわかる時期
2歳はおしっこを溜める・我慢することが出来るようになる時期になります

生活リズムを整える
快・不快の感覚を育てるためにもおむつ交換をまめにすることが大切になります
毎日の起床時間、食事やお風呂の時間を同じにすることで排出リズムを掴むことが出来るようになるそうですよ

トイレに関心を持ってもらう
オムツで生活してきた子どもたちにとって“トイレ”というのは知らないところなのでトイレの存在を知ってもらうためにもママ・パパがトイレに行く時に「トイレに行ってくるね」と声かけすることも大切なようです

13時からはパパ薬剤師 高丘知秀先生による
幼い子供の熱中症、予防と対策です


熱中症とは暑く体の体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れ体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をさすそうです
多くの水分が必要で外気温の影響を受けやすい子どもたちは熱中症になりやすいそうです

予防としてはこまめに水分を与えること
お出掛け前にも水分をあげることが大事なようです
喉の渇きを訴えるときには水分が不足してしまっているのでその前にあげられるのがベストなようです

応急処置
お水を飲ます、クーラーの効いた部屋に移動したり、霧吹きでお水をかけてあげたりして体を冷やしてあげましょう

14時30分からはこそだて心理カウンセラー まつお ひでこ先生による
ハッピー子育てライフのための「こんなとき、どうしたらいい??」子育てトーク

こちらの講座はお話のテーマを決めずにお客様からの質問を中心にお答えいただく講座です

今回は離乳食や爪噛みの癖などのお悩みにお答えいただきました

離乳食は味覚を育てたり、飲み込みの練習が主な目的なので量を増やすことよりも様々な素材の味に慣れるようにしてあげることが大切だそうです

爪噛みをしてしまう理由の一つに自分の思いを伝えられないもどかしさがあるようです
話す時に目をきちんと見る、「あれ、これ」と言われたときに名称で返してあげることで自分の指したものが伝わったことが分かったり、知的好奇心が満たされるようです

先週から9月の講座の予約受付を開始しております
本日、相談があった卒乳や離乳食の講座もございますので気になる方は是非一度ご参加くださいませ
またお待ちしております
イベント応募はこちら

9月6日(赤ちゃんのための寝かしつけ/よくある子どもの事故。どう守る?/体の発達とおちんちんのケア)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月13日(赤ちゃんのための歯のケア/離乳から卒乳へ/「こんなときどうしたらいいの?」子育てトーク)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月20日(はたらくママのためのあるある「子育ての不安」を解消しよう!/夜寝る赤ちゃん/「こんなときどうしたらいいの?」子育てトーク)のご予約はこちらから。

イベント応募はこちら

9月27日(歯と口のお手入れどうするの?/トイレトレーニング/子どものアレルギー「キホンとギモン」)のご予約はこちらから。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。