フード

  • このブログの最新記事へ

ご自宅で桜餅を楽しみませんか?
イケガヤより、桜餅レシピのご提案です

  • 更新日: 2018/3/14
  •  
  •   mixiチェック

グロッサリーブログ担当 加藤です
グロッサリーの商品の美味しさや魅力についてご紹介致します

暖かい日も増えてきていますね
もう少し暖かくなってほしいところですが・・・
早く、春服を着たくてうずうずしています
朝晩はまだまだ寒いときも多いので
体調管理はしっかりとしていきたいところですね
「春といえば」といわれて思いつくのは、梅、桜、たけのこ、
菜の花、たんぽぽ、つくし、イチゴ大福、桜餅、お花見団子ですよね
(食べ物ばかり思いついてしまいます・・・)
決して食い意地を張ってるわけではありません

今回ご紹介致します商品は、
春の和菓子の代表的な食べ物、「桜餅」を
ご自宅でも作っていただけるイケガヤの商品です

写真左上:桜の葉
10枚 292円

写真右上:道明寺粉
300g 594円
国産もち米です。もち米を水浸け、蒸した後、乾燥し四ッ割にしたものです
細挽きなので、上品な仕上がりになります。
関西風の桜餅や蒸し物にお使いいただけます

写真左下:ねりあん
350g 519円
北海道産小豆を使用しています

写真右下:食用粉末色素 赤
2g 238円

<材料>約10個分
・道明寺粉 150g
・こしあ餡 150g
・砂糖 60g
・お湯 200ml
・桜の葉 10枚
・色素(赤)少々
・食塩 少々

下準備
・餡を10等分に丸めておく
・色素を分量の水に加えて溶かす
・桜の葉は水洗いした後、水気をふき取り、
乾かさないようラップでつつむ
(塩気が強いときは、10~15分程度水にさらし、塩抜きする)

<作り方>
①耐熱ボウルに道明寺粉をいれ、色素を溶いた熱湯を加え、木ベラで均一に混ぜる。ラップをして蒸らし、
電子レンジ(500w)で5分加熱する
②ラップを取らずに、10分蒸らし、砂糖と塩を加え
全体をよく混ぜ、10等分にする
③②を丸めてから手のひらにのせ、平たく伸ばし、
餡を中心において包みこむ
④俵型に形を整え桜の葉を中表にして包めば完成です

ワンポイント
・餡を包むときに手水(水1:砂糖1を溶いたもの)を
つけると生地が手につきにくくなります
・桜の葉をみじん切にして餡と混ぜ合わせると一層
桜の風味が楽しめます
(軸は口に当たるのであらかじめ取り除いておきましょう)

この時期にしか食べれない桜餅は
ついつい色々な和菓子屋を食べ比べしてしまいますが
今年は手作りしてみようかなと思います

桜が咲くのはまだまだ先ですが
食べ物から春を感じてみてはいかがでしょうか

ご来店お待ちしております
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ