フード

  • このブログの最新記事へ

フリーズドライイチゴを使ったイチゴチョコレートを作りませんか?

  • 更新日: 2019/2/12
  •  
  •   mixiチェック

グロッサリーブログ担当 加藤です
グロッサリーの商品の美味しさや魅力についてご紹介致します
バレンタインも近づいて来ましたが、まだ何も買えてないので、焦っています
(早く買いに行かないとなくなりますが・・・)
今年は、バレンタインは無しになりそうです

今回ご紹介するのは、コーティングチョコレートを使うことで簡単につくれる、ストロベリーチョコレートです。
フリーズドライいちごの酸味とサクサクした食感、濃厚なホワイトチョコとの相性は抜群です。

写真左:FDフレーズ
8g 411円
イチゴの酸味と香りを残しフリーズドライにしました。
チョコレートでコーティングしたり、細かく砕いてパウダーにして使えます。

写真右:コーティングチョコ(ホワイト)
100g 346円
湯煎で溶かすだけで美しいツヤが得られる上掛用チョコです。

【材料】
FDフレーズ 10粒
コーティングチョコホワイト 100g
竹串 10本
スチロール箱のふた

【作り方】
①コーティングチョコを45度の湯煎で溶かす。
②FDフレーズを串に刺す。
③①に②を浸け、余分なチョコレートを落とし、スチロールに刺して室温で固める
④③の作業をあと2回繰り返す。
⑤串を回しながらはずし、お好みのラッピングをすれば完成です。
*ホワイトチョコレートでなくお好みのチョコレートでもOKです
コーティングチョコレートなら面倒なテンパリングの作業もなく美しいツヤがでます

今回はフリーズドライのイチゴを使っていますが
贅沢に、生のイチゴを使ってみるのもいいかも知れません
イチゴの種類を多くして食べ比べなんてしようかなと
想像するだけでわくわくしちゃいます
イチゴの酸味とチョコレートの甘さが混ざることで
スパークリングワインと合わせて食べても美味しいと思います

ご来店お待ちしております
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ