フード

  • このブログの最新記事へ

時代を超えて愛された懐かしの味「阪急百貨店 大食堂の名物カレー」のご紹介

  • 更新日: 2019/8/14
  •  
  •   mixiチェック

スタッフブログをご覧の皆さま、こんにちは
グロッサリーブログ担当 柳です
グロッサリー商品の美味しさや魅力についてご紹介いたします 
突然ですが、デパートに買い物に行き、屋上の遊園地で楽しみ、最後に食堂でランチを食べる、という休日を過ごされた経験はありますでしょうか
私も今年で27歳になりますが、幼稚園の時に一度そういう過ごし方をした覚えがあります
しかし、近年は屋上の遊園地はどんどんなくなっていき、食堂も姿カタチを変えていっています
今回はそんな昔ながらの百貨店になくてはならない存在であった 阪急百貨店 大食堂の名物カレー のご紹介をいたします

写真:阪急百貨店 大食堂の名物カレー
200g 513円

昭和4年(1929年)、世界初のターミナルデパート阪急百貨店に大食堂がオープン
その目玉メニューがカレーライスでした
シェフが3日間丹精こめて作り上げるこのカレーライスは、大食堂が閉店する平成14年(2002年)までの長きに渡り愛され続けました
ひとくちたべたあとのまろやかさ、あとからくるスパイシーさ
口当りがよく、次々と口に運びたくなる味は当時のままです
さらにウスターソースをかけ、福神漬けとともに召し上がれば、より懐かしい味わいが楽しめます

ご自宅で召し上がっていただくと、デパートでの懐かしい思い出も蘇ってくると思います

そして、これからの百貨店もどうぞよろしくお願いします

皆さまのご来店をお待ちしております
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ