フード

  • このブログの最新記事へ

関東の「くず餅」は関西の「葛餅」と違うの!?

  • 更新日: 2019/7/10
  •  
  •   mixiチェック

◎07月10日(水)~07月16日(火)  
◎地下1階 日本の銘菓催

皆様こんにちは。銘店和菓子催事担当の浅井です。

さて、今回のブログを書くに当たって下調べを
していたら、某テレビ番組を見ているかのような気分になった私。
そんな気分で本日ご紹介するのはこちら。

画像1
東京「船橋屋」くず餅(小箱、24切)791円(税込)

ここ関西で「葛餅」と言えば、透明でぷるんぷるんな
物を想像するかと思いますが、関東の「くず餅」は
乳酸発酵された小麦でんぷんから作られた、
乳白色で弾力ある物になるのです。

しかも、要冷蔵な関西葛餅に対して、関東くず餅は
常温で(但し今の暑い時期は涼しいところで)保存が
出来るのです。

召し上がり方は、先に黒蜜をかけて、次にきな粉を
かけてお召し上がり下さい

画像2
あんみつ(1個)481円(税込)

国産の天草を使用しているので、他とは違うコリッとした食感の寒天が特徴です
それに自家製のこし餡、あんみつには欠かせない求肥、そして独特な歯ごたえと弾力のくず餅が入ったあんみつは1個で大満足の内容です
ジメジメしたこの時期のデザートはこれで決まりっ




7月10日(水)~16日(火)まで、地下1階
日本の銘菓催で販売しております。

皆様のご来店をお待ちしております

追記・関東くず餅の宣伝はしていますが、
東京に魂を売った訳ではありません。念の為。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ