フード

  • このブログの最新記事へ

~丹念に焼き上げられた神戸銘菓「亀井堂本家」の瓦せんべい~ 

  • 更新日: 2019/10/9
  •  
  •   mixiチェック

◎地下1階 日本の銘菓撰
皆さまこんにちは!
「日本の銘菓撰」のなかのです

10月に入り、肌寒くなってまいりましたね
今年の秋は寒暖差をとても感じます!
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回ご紹介する商品は、「日本の銘菓撰」四季折々コーナーに登場するこちらの商品です

兵庫「亀井堂本家」小瓦せんべい
(12枚入 2枚袋×6袋):540円(税込)

神戸のお土産といえば瓦せんべいを思い浮かべる方も多いと思います。

「瓦」というネーミングは神戸・湊川神社に、氏子たちが瓦を寄進した際の記念に売り出された
とする説や、源平時代の神戸生田の森の合戦での勇者、河原太郎・次郎の姓をとって
「河原せんべい」が作られたという説とがあります。
また、独特の焼印を押すというのは戦国時代に戦場において、家臣の大きな手柄に対し、
武将が瓦の破片に紋印を描いて渡し、後でその瓦の数に対し恩賞を授けたという故事から
始まったという説があります。

諸説ございますが、瓦せんべいは神戸の地で生まれ、歴史と伝統に息づく銘菓として
広く愛され続けてます。

瓦せんべいは屋根瓦の形、せんべいはパリッとした歯触りと、口の中に広がるほのかに甘い風味が
持ち味のせんべいです。
厳選された素材だけを用い、伝統の製法で1枚1枚丹念に焼き上げております。

実際食べてみても甘さもございますがそこまで甘すぎず、お茶菓子として
日本茶はもちろん紅茶にも合う味です。

さらにもう1点ご紹介する商品は、

やわらか焼き(1枚入):216円(税込)

瓦せんべいと同様の厳選した原材料を使用しております。
配合等の改良を加え、カステラ風味にやわらかく焼きあげました。

見た目のインパクトと食べ応え抜群です

配合をかえただけでパリパリ食感の瓦せんべいからしっとり食感に変わるのが不思議です。
やわらかい優しい食感がやみつきになります

兵庫「亀井堂本家」の特集は、「日本の銘菓撰」四季折々コーナーで
10月9日(水)~15日(火)までの期間限定です。

皆さまのご来店おまちしております!

  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ