フード

  • このブログの最新記事へ

~2月3日 節分の日!京都豆菓子老舗の商品をご紹介~

  • 更新日: 2020/1/29
  •  
  •   mixiチェック

皆さまこんにちは!
「日本の銘菓撰」の中野です

1月もいよいよ終わりに近づいてきましたね
2月14日はバレンタインデー…9階催事場はチョコレート祭りですね
そのバレンタインデーの前の2月3日は節分の日でございます
今回ご紹介するのは節分にちなんだ豆菓子です。
そして「日本の銘菓撰」四季折々のコーナーで1月29日~2月3日の限定販売でございます!

京都府「豆政」福豆(100g):324円(税込)

北海道産大粒大豆を使用し、京の湧き水で仕込んだ手作りの縁起の良い節分の福豆です。
直火で丁寧に煎り上げられているので香ばしく豆本来の甘さが特徴です。
「豆政」の豆は京都の伏見稲荷、吉田神社、八坂神社をはじめ、数多くの有名社等で御用達と
されております。

「豆政」は明治17年創業。1884年…今から136年の歴史を誇ります。

京都周辺では、昔から良質の豆(京都市内六波羅地域ではえんどう豆、丹波では黒豆・大豆・小豆、
山城ではそら豆)が収穫されていたため、風味豊かで栄養価の高い豆菓子を作ることができたのです。

そして明治20年「豆政」の代表銘菓、夷川五色豆が誕生しました。
当時白色しかなかったえんどう豆に青・赤・黄・黒(ニッキの褐色)の四色を加えたもので、
縁起物としても親しまれております。
夷川五色豆は八ッ橋と並ぶ京名物となりました

歴史ある「豆政」の豆を年に1度の節分の日に召し上がるのはいかがしょうか

他にも様々な豆を取り揃えております
皆さまのご来店お待ちしております。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ