婦人服

  • このブログの最新記事へ

スタイリングスタッフおすすめ♪
今年のコート
“ミドル丈”ならボリュームタイプ

  • 更新日: 2017/10/29
  •  
  •   mixiチェック

◎4階 コンテンポラリー
デザインバリエーション豊富な今年のコートの中から、
スタイリングスタッフが着丈に注目しておすすめアイテムをご紹介する第2弾。

定番“ミドル丈”なら、ボリューミーなデザインを選んで今年らしくアップデート。
スタイリングスタッフ岩崎が、トータルコーディネートでご紹介します。
悩みがちなシルエットバランスについても解説しますよ

ふわりと広がるテントラインが特徴的なポンチョ風コート。
トレンドの袖コントップスにも羽織りやすいベルスリーブや、ヒップをカバーしてくれる長め丈のバックスタイルがポイントです。
さらに、抱っこひもの上からも着られるよう計算されているのでママにもおすすめですよ♪
ボリュームコートとバランスを取りやすいのは、やはりコンパクトなシルエットのボトムス。
ブラックのボリュームコートを重たく見せないよう、明るいカラーでコーディネートしました。
アシンメトリーヘムのニットで単調にならない工夫もしています。
カリテコート 52,920円
23区パンツ  22,680円
オンラインショップはこちら≫
アンタイトルニット 19,440円

◆「カリテ」のコートをこちらの記事でもご紹介しています≫

軽くて柔らかいウールアンゴラ混のフーデッドコートは、あたたかみのあるボルドーをチョイス。
フードから続く生地がビッグカラーにもなり、顔まわりをすっきり見せる効果が期待できます。
ボタンを留めるとダブルコート風にも着こなせる、表情豊かなアイテムです。
ボクシーシルエットのハーフコートには、同じような量感のガウチョパンツが好相性。
ボリュームアイテム同士でも直線的なシルエットならうまくまとまります。
23区コート  46,440円
オンラインショップはこちら≫
インディヴィパンツ 18,900円
アンタイトルニット 19,440円

コートを脱いだ時のスタイルにもこだわりたいなら中に着たニットにも注目です
フロントはシンプルなVネックですが、後ろにはバックベルトが
きれいなシルエットを保ってくれるだけでなく1枚でも存在感のあるデザインになっています。

◆鮮度を上げるなら“ショート丈”コートをチェック!
詳しくはこちらのブログをご覧ください≫

ぜひ、店頭でお試しください。ご来店をお待ちしております
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ