リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

7階 日本の手仕事サロン 祖雅堂
木曽漆器と一閑張の特集
開催中~3月10日   

  • 更新日: 2015/2/26
  •  
  •   mixiチェック

鈴木が今回ご紹介するのは「木曽漆器と一閑張の特集」です。
良材と気象条件に恵まれ、約600年前より続く木曽塗。
木肌の美しさを活かすスリ漆、日本産の手目黒(手作業で漆を撹拌し製漆する技)した漆を
使用した古代あかね塗りの器は、使い込むうちに艶を増し、より明るく美しくなっていきます。
竹に和紙を張り、柿渋を塗り、直接漆を塗って仕上げた一閑張の塗物。
派手さこそありませんが日常使いに十分耐えられる強度を持ち、飽きのこない落ち着いた色合いが特徴です。なんといってもその軽さには驚くばかりです。お部屋の中のちょっとした場所に移動させるにしても一閑張の器の軽さは使いやすいことこの上なしです。(ご年配の方に差し上げても喜ばれそう)
今回は茶托、銘々皿、盆、弁当箱、デザート皿、パスタ皿、などと共にスプーン、フォークなどのカトラリーまで様々なアイテムを取り揃えました。
ご来店をスタッフ一同お待ちいたしております。

春のお花見に持って出かけたくなりますね。ホームパーティーにも活躍しそう・・・

※日本の手仕事サロン 祖雅堂にて、2月27日(金)・28日(土)・3月1日(日)の3日間、
職人 伊藤寛茂さんによる一閑張の実演がございますので、この機会にぜひご覧くださいませ。
(実演予定時間 2月27日・28日 11時30分~18時    3月1日 11時30分~16時)

  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ