リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

【くらしのギャラリー】
沖縄の焼き物『やちむん』

  • 更新日: 2019/9/5
  •  
  •   mixiチェック

「やちむん」は、沖縄の方言で「焼き(やち)もの(むん)」

おおらかな自然をあらわす絵付けや存在感をぐっと増す「やちむん」は
沖縄料理によく使われるので、見たことがある人も多いかと思います。

「カラカラ」は泡盛専用の酒器

沖縄の方言で、カラ=貸せという意味
皆があつまる宴会などで貸せ貸せ=カラカラと呼ばれたのが
始まりだとか・・・
もうひとつ、酒器の中に小さな玉が入っていて
お酒を飲み終わると、カラカラ音がするからなど
名前の由来には諸説あります

お酒以外に麺つゆ・天つゆなどいれて
食卓で使うのもおススメです

コロンとしたフォルムは見ているだけで心が和みますね。

沖縄では、土瓶や急須のことを「チューカー」と呼ばれています。

取っ手は真鍮で出来ており、
ちょこんと底に足があるのが愛らしい

気になる内側は、こんな感じ
泡盛用の酒器なので、シンプルな穴のみ

台湾茶などを楽しむのもいいかもしれませんね。

沖縄の方言で、鉢を「ワンブー」お碗を「マカイ」とよんでいます。

口が広いのが特徴

ご飯・汁物はもちろん、ポテトサラダを盛り付けたり
アイスなどのスイーツなど どんな料理も受け入れてくれるとこが沖縄っぽいですよね。

蛇の目とよばれる白い輪をご存知ですか?

限られた窯のスペースで大量に器を重ねて焼く時に、
器同士がくっつかないよう、重なる部分に釉薬をあえて外す手法で出来る白い輪。

余談ですが、やちむんに限らず
小鹿田焼でも良く見られます。

「蛇の目」を知ってるだけで、たちまちやちむん通

さて、ここからが本題

9月11日(水)~9月17日(火) 「なかどまり工房 登川 均のうつわ」
2年ぶりの個展が開催されます。

初日の11日(水)は、沖縄から作家の登川さんが在店予定

是非、くらしのギャラリーの個展で沖縄の風を感じにご来店くださいませ。
スタッフ一同 心よりお待ちしております。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ