リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

古伊万里の伝統を現在に―源右衛門窯

  • 更新日: 2015/11/11
  •  
  •   mixiチェック

7階キッチン&ダイニング
こんにちは!素材工房のブンコです
今回は有田焼の名窯「源右衛門(げんえもん)窯」をご紹介します。

源右衛門窯は有田・是米木(ぜめき)に築窯されて250余年にもなる老舗の名窯です。
その作風は、初期伊万里の持つすなおさと伸びやかさ、
輸入伊万里に代表される絢爛さと重厚さに加えて、闊達な筆づかいの中に
重量感と艶を盛り込んだ独創的な「源右衛門窯風」として完成されています。


ろくろ、下絵付け、本窯、上絵付けから上絵窯にいたる全ての工程で
熟練した各分野の専門陶工たちが最高の材料を用い、一品一品心をこめて
作業に励んでいます。
さらに機能美の追求という点にもこだわっており、
例えば口縁部を大きく反らせた湯呑は、呑みやすさと
持ちやすさだけではなく見た目の可愛らしさにも配慮しています。

写真向かって左から:染錦牡丹丸紋 湯呑 大・青 5,400円 
             染錦牡丹丸紋 湯呑 小・赤 5,400円 

またこちらの飯碗のように、深みを持たせた厚手の仕上げは源右衛門窯独特のもの。
優しく手に馴染む使い勝手の良さと、見た目の安定感を兼ね備えています。

写真向かって左から:染付梅地紋 飯碗 9,720円
             赤絵梅地紋 飯碗 9,720円

続いておすすめするのは毎年恒例の「干支のやきもの」。

姿かたちや動作が人間に似ている申は、古来より身近な生き物として親しまれ、
信仰の対象としても崇められてきました。
中国の「西遊記」では、天界の「西王母」が大切に育てた桃を、
孫悟空が盗み食いして不死を手に入れたエピソードがよく知られ、
伝統の画題として申と桃が一緒に描かれてきました。
桃は不老長寿のシンボルであり、邪気を払う霊力や魔除けの意味もあります。

写真向かって左から:染金彩申絵 干支皿(皿立付) 10,800円
             緑彩梅地紋申 置物(台付) 32,400円
   

例年人気の高いぐい呑みセット。愛嬌ある姿が染付と赤絵で描かれています。
縁起の良い「干支のやきもの」は自家用として、また年賀の贈り物としても最適です

写真:紺朱十二支(申)ぐい呑み 5,400円

手間ひまをかけた「本当にいいもの」は、お使いになる方の心に響くもの。
源右衛門窯のうつわは普段使いはもちろん、来客用などにも幅広く
ご使用いただけるだけでなく、贈答品としても喜ばれています
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ