リビング・美術・時計・メガネ

  • このブログの最新記事へ

●美術画廊●没後60年 北大路魯山人展

  • 更新日: 2019/8/28
  •  
  •   mixiチェック

◎8月28日(水)~9月3日(火)  催し最終日は午後4時終了
◎7階 美術画廊
大天才・北大路魯山人の残した偉業は大きく2つ。料理と芸術。美食を追及した姿はマンガのモデルにもなりました。芸術では書、篆刻、絵画、陶芸、デザインなど。今展では鋭い審美眼で制作された陶芸作品を中心にご覧いただきます。

「蟹絵長鉢」(幅32cm)画面いっぱいに描かれた蟹は今にもお皿から飛び出していきそうな勢いがありとても楽しい仕上がりです。

「志野すゝき四方鉢」(幅29cm)リズミカルにすすきが描かれ、白い色味の強い焼き上がりでどんな料理でも映える逸品です。

「於里扁 小向 六」織部の緑がアクセントになった、ころんと愛らしい小皿揃えです。(6客組・幅13.2cm)

奥「志野トクリ」(高さ14.4cm)手前「志野さけのみ五」(5客組・高さ4.4cm)とてもよい景色の徳利とバランスのとれた大きさのぐい呑みの傑作です。

軸「てもさても 福相の 牡丹哉」(小林一茶の句・幅15×長さ130,5cm)「志野茶入」(高さ9cm)「伊賀風 茶碗」(高さ8.9cm)

作品名は共箱の箱書きに合わせています。
美術館ではガラス越しでしか見学できませんが美術画廊では間近で見られます。
ぜひ本物の醍醐味を味わいにいらしてください。


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ