レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

旬のいちごをスイーツ風のクレープでお楽しみください!!

  • 更新日: 2019/2/12
  •  
  •   mixiチェック

◎2月1日(金)~2月28日(木)  
◎12・13階 レストラン「祝祭ダイニング」各店
みなさま、こんにちは!
カフェ担当のすずきです。

ただいま12・13階レストラン街「祝祭ダイニング」全店では、
九州の旬の食材を使ったメニューをお愉しみ頂ける
『九州フェアメニュー』を好評開催中です。
普段はあまり流通する事の少ない食材などを産地より直接取り寄せ、
各店の料理人が腕によりをかけ、調理いたしております。

今回は旬の「いちご」を使った、スイーツ風のクレープをご紹介いたします。

12階「ロカンダ」
「苺とクリームチーズのブリュレ風クレープ」
          単品 1,620円   ドリンク付き 1,944円


国産の苺を使用し、なめらかなクリームチーズを
ほんのり香ばしく焼き上げたブリュレ風のクレープです。

こちらのお店は12・13階の中で唯一のカフェですが、
おしゃれな店内でゆっくりとお寛ぎ頂けることで、
ご好評を頂いております。


また使用しているカップ&ソーサーやカトラリー、グラスなど全ての食器は
約270年前に創業したドイツの老舗メーカー『ビレロイ&ボッホ』で
コーディネートされています。

初めに運ばれきたウォーターグラスも、色もカットも美しい、
ひと目で心が惹かれるクラシカルなグラスです。

また紅茶に添えられマドラーを兼ねた可愛らしい砂糖。
ひとつひとつがお洒落で男性の私でもワクワクしますね。

そして運ばれてきたクレープに更に心が躍ります。

まず目を惹くのが、ハートに見立ててスライスされたいちごのデコレーション。
いちごの艶やかな赤色と白色のコントラストが楽しいですね。

果肉の苺のスライスとベリーソースのデコレーションし、
真ん中にはクリームチーズとたっぷりの塩キャラメルのエスプーマ。

苺は“さがほのか”で甘さと程よい酸味が特徴です。

クリームチーズの上には洗双糖(せんそうとう)がかかっていて
バーナーで焦げ目を付けブリュレ風に仕上げています。
ちなみにこの洗双糖は、化学的精製がされておらず、
まろやかでクセが少ない砂糖と言われています。

その下にはバニラアイスが。
焦げた砂糖の香ばしくてシャリッとした食感との、
コントラストがクセになります。

またミントの葉がスッキリしたさやわかな味わいで
程よいアクセントになっています。


クレープ生地ももっちりしていて、
いちごやアイスなどともベストマッチなメニューです。

この他、各店おすすめメニューもこちら>>>からご覧ください。
いずれも2月28日までの期間限定メニューとなりますのでお見逃しなく!!

以上、カフェ担当のすずきがお届けしました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ