催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

西日本初開催!
『山本容子展 アート イン ホスピタル』その1

  • 更新日: 2015/4/2
  •  
  •   mixiチェック

◎5月20日(水)~5月25日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
今展では、銅版画家 山本容子さんが表現する“病院の中のアート”=アート・イン・ホスピタルの世界を紹介します。それは、患者やその家族、時に病院スタッフの心を癒すためのものです。
山本容子さんは、テレビ番組の取材を通してアート・イン・ホスピタルをスウェーデンで学ばれ、日本で実践されています。

スウェーデンは、アート・イン・ホスピタルの本場。病院を建てる際、建築費の1%をホスピタル・アートに使うように、という法令があります。

『Les Chemins de L’amours』  2000年 ソフトグランド・エッチング、グワッシュ 14×38.5㎝

山本容子さんは、アート・イン・ホスピタルをバック・グラウンド・ミュージックのようなものだと考えます。それは画家のエゴを表現するものではなく、その場所に求められるものであること。心地よく聞き流せるようなものであること。また、老若男女、年代問わず万人が心癒されるものであるということです。
会場では、和歌山県立医科大学付属病院や中部ろうさい病院など、実際に院
内に描かれた山本容子さんの壁画を再現します。また、壁画・天井画の原画や版画をご紹介します。
病室に見立てた阪急うめだギャラリーの展示空間で、ぜひ山本容子さんが考えるアート・イン・ホスピタルの世界に触れてください。


阪急うめだギャラリー担当:吉川






  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ