催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

西日本初開催!
『山本容子展 アート イン ホスピタル』その3

  • 更新日: 2015/5/7
  •  
  •   mixiチェック

◎5月20日(水)~5月25日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
今回のブログでも、銅版画家 山本容子さんが表現するアート・イン・ホスピタルの世界を紹介します。
(アート・イン・ホスピタルについては、第1回のブログをご覧くださいませ。)

『Les Chemins de L’amour(愛の小径)』 2014年 アクリル、キャンバス 227.3×648.4cm(P150号 4点組) 高松赤十字病院西玄関 廊下壁画 原画

こちらは、2014年に香川県庁舎の隣にある高松赤十字病院の西玄関の廊下に制作された、幅約6m、高さ約2.2mの大きな壁画の元になったキャンバス画です。

ホスピタル・アートにとって大切なことは、展示される“場所”との関係です。

今回の場合、西玄関の廊下は、正面玄関へ続く道なので通行者が多く、年齢も症状も様々でした。
山本さんは、毎日通る人の心をやわらげるBGMのような絵にしたいと考えました。さらに、瀬戸内海に囲まれた立地を考慮し、『海へと続く小径には~』で始まるフランスの歌曲『愛の小径』をモチーフに、高松から見える瀬戸内の島々と名産“オリーブ”を描き加えてこの作品を完成されました。

制作のようす

ホスピタル・アートを公開制作されるのは、この時が初めてだったそうです。
病院の関係者だけでなく、車椅子の患者さんや、近所の工業高校の生徒さんまで見にこられ、山本さんは非常に力をもらったそうです。





ブログ1:アート・イン・ホスピタルとは
ブログ2:『TUGUMI』

『山本容子展 アート イン ホスピタル』
◎9階 阪急うめだギャラリー
◎2015年5月20日(水)~25日(月)※最終日は午後6時閉場
◎入場無料

「山本容子さんが作品解説をするアート・ツアー」
◎5月23日(土)午後1時~、3時~【各回約30分】
※事前申込不要

阪急うめだギャラリー担当:吉川
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ