催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

12月28日(水)から!
THE 世界名作劇場展 開催&名場面上映会のお知らせ!
第1回「フランダースの犬」!

  • 更新日: 2016/12/10
  •  
  •   mixiチェック

◎12月28日(水)~1月9日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
12月28日(水)から9階 阪急うめだギャラリーでは
THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~
を開催いたします。

「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」」「あらいぐまラスカル」
「赤毛のアン」などの懐かしの『世界名作劇場』シリーズ全26作品の
貴重な原画や制作資料など、約300点を一堂に展示します。
その他、当時のグッズや映像なども交えて紹介します。

詳しくは“暮らしの劇場12月の見どころ”で>>

今展では、スペシャルイベントとして、
“世界名作劇場名場面上映会”を開催いたします!

◎12月28日(水)・29日(木)各日午前10時30分~午後7時
◎9階 阪急うめだホール

人気の7作品が阪急うめだホールの
350インチ大スクリーンと本格的な音響設備で楽しめます
懐かしの、あの名作を観てみませんか?
上映する7作品をご紹介をします。イベント当日までお楽しみに!

記念すべき第1回は「フランダースの犬」のご紹介です

上映時間:各日①午前10時30分~、②午後3時30分~ (各回約30分)

今回は第52話『天使たちの絵』を上映いたします。
誰もが知る、名作「フランダースの犬」。
強く心を通わせたネロとパトラッシュ、最後の最後までふたりは一緒。
涙無しには見られない感動のラストシーン。

皆さま、ハンカチをお忘れなく!

© NIPPON ANIMATION CO., LTD.

 ●「フランダースの犬」
   絵に情熱を傾けた純真な少年ネロの物語。
  森やすじの温かい絵が悲しい物語を優しく包み込む。

アントワープ郊外の村でおじいさんの牛乳運びを手伝って暮らすネロは、
ある日、金物屋からむごい仕打ちの末に捨てられた犬のパトラッシュを保護する。
幼なじみの優しいアロアやパトラッシュに囲まれて、貧しくとも幸せに暮らすネロ。
そんなネロの願いはアントワープ大聖堂にあるルーベンスの2枚の絵を見ること・・・。
森やすじの柔らかく穏やかな絵が純真なネロを余すことなく表現し、
多くの人の心に忘れがたい物語を刻んだ。

© NIPPON ANIMATION CO., LTD.
「フランダースの犬」設定画 森やすじ


© NIPPON ANIMATION CO., LTD.
「フランダースの犬」設定画 森やすじ


世界名作劇場展では「アニメの神様」とも称された
アニメーター・森やすじが描いた当時のキャラクター設定画など、
多数展示しています。展覧会もどうぞ、お楽しみに!

★次回は「母をたずねて三千里」をご紹介します。

世界名作劇場名場面上映会 【参加無料・ご予約不要】
 
◎12月28日(水)・29日(木)各日午前10時30分~午後7時
◎9階 阪急うめだホール

「フランダースの犬」の上映時間:各日①午前10時30分~、②午後3時30分~ (各回約30分)

※イベントのご参加には「THE 世界名作劇場展」の入場券または半券が必要です。
※混雑時には入場制限を行ないます。
※出典:THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~ より

次のブログはこちらから>>
第2回「母をたずねて三千里」

※都合により、イベントの内容が変更になる場合がございます。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ