催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

ボヘミアガラスの魅力 創業160周年 「モーゼル展」阪急うめだ本店で開催!!

  • 更新日: 2017/3/11
  •  
  •   mixiチェック

◎3月15日(水)~3月20日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
画像1
「モーゼル」とは
1857年 ガラス彫刻家であり経営者としても手腕をふるったルードウィック・モーゼル(1833-1916)がガラス装飾工房とガラス食器の店をチェコ・ボヘミア西部の都市、カルロヴィ・ヴァリに設立しました。

画像2
「モーゼル」の特徴とは
鉛を一切使わないエコロジークリスタル。クリスタルと言えば、一般的には鉛ガラスですが、モーゼルは鉛の代わりにブナ等の灰(炭酸カリウム)を入れた高品質のクリスタルガラスです。

画像3
1910年代からドイツや英国の研究所の協力のもとでレアアースをガラスに混ぜ、天然貴石に似たカラーの開発に1920年成功しました。天然石のように物静かな存在感が魅力です。

画像4
加工技法も、カット・彫刻・エナメル彩絵付け・ハンドペイント・象嵌等がある中、彫刻(エングレーヴィング)と呼ばれる技法は、モーゼル独特の深彫で、静物の躍動感、花々の立体感を表します。


オールハンドメイドの製法を守るボヘミアガラスの老舗「モーゼル」の作品をお楽しみくださいませ。


こちらもご覧くださいませ
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ