催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

英国フェア2018出張記6月編~集大成の英国へ~

  • 更新日: 2018/6/26
  •  
  •   mixiチェック

6月3日日曜日
毎回の英国出張とは少し感情的に違うように感じる朝。
いつものように伊丹空港、そして羽田空港に。
なんなとなく感傷的になってるのかも…。


ロンドン時間午後3時15分。
ヒースロー空港にランディング。
入国審査を終え、ターミナル2のdepartureDrop offにやってきた。
日差しを浴びる。暑い。気温29℃。
日陰に入ると涼しいはずが蒸し暑い。
いつもと違うロンドンが僕を迎えてくれた。
林さんのお迎えを待っていると、
あれ?前方から見かけた方がこちらに向かってやってくる。
なんと、井形慶子さん。これから帰国のようです。
私の乗ってきた飛行機でおかえりとのこと。
15年目にして初めて井形さんに英国内でお会いしました。


これも何かを物語っているのでしょうか?
お別れをするとすぐに林の車が到着した。
今回同行した西村雄一郎が同乗して。
30分ほどで常宿コプソーンタラに到着。
チェックイン後、近くのパブで晩ご飯。
初めて英国に来た雄一郎のために定番のフィッシュ&チップス、
サンデーローストをオーダー。ビールはギネス。
林さんと雄一郎はノンアルコール。2週間の健闘を祈り乾杯。
運ばれて来た料理をおいしい美味しいと連発しながら食べる雄一郎。
なかなか頼もしい男である。


15年前を思い出す。僕も英国最初の晩ご飯はフィッシュ&チップスだった。
量だけ大きくて油こくってまずかった。半分残した記憶がある。
本当に英国の料理はこの15年でレベルが上がりましたね。
確かに今の英国料理は美味しいもん。
僕の舌が英国の味に慣れたのではなく、明らかに料理の質が上がった。
15年の月日ってすごいな。と感じた。
食事を終えると、ケンジントンを軽く散歩してホテルへ。
「英国の料理はまずい」とまだ真剣に思っておられる方々。
言う前にまずは食べてみて下さい。価値感が変わりますよ。


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ