催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

ニューヨークフェア2014
最近評価急上昇のニューヨークワイン事情

  • 更新日: 2014/4/23
  •  
  •   mixiチェック



マンハッタンから車で東へ約2時間ほど、
東西約150kmにも及ぶアメ リカ本土最大の島・ロングアイランドは、
フィンガーレークス、ハドソン・ヴァレーに次ぐ、州内第3位のワイン生産地です。



海に隣接している土壌はフランスのボルドー地区に似ていると言われ、
個性あふれる小さなブティックワイナリーが多い。
白はシャルドネ、赤はメルローが代表的。最近特にメルローの評価が高まっている。
 

アメリカのワイン消費量は年々増加しており、
2010年にはフランスを抜いて、ついに世界最大のワイン消費国となりました。


マンハッタンから車で2時間程で行けるエリアなので、
こんな風にリムジンで仲間と乗りつけるワイナリーツアーのお客さまも多い。



白はリースリングやシャルドネ、赤はカベルネ・フラン、メルローといった品種が造られ
特に「フィンガー・レイクスのリースリング」と「ロングアイランドのメルロー」は
2013年の米大統領就任昼食会に選ばれたことで、注目を集めています。


ウォルファーは高級別荘地のハンプトンズで作られ、NYのセレブ達に人気のワイナリー。
敷地内に乗馬の倶楽部があったり、有名ブランドのファッションショーが行われたり・・・。


特にロゼワインは食事に合わせやすいと評判です。
サクラをイメージさせる上品な色合いと、華やかな香り。
酸とピュアな果実味のバランスのとれた辛口です。和食や寿司、シーフードにも相性抜群。


こちらはブルックリンの人気エリア、ウィリアムズ・バーグのど真ん中にある
2010年に設立された「ブルックリン・ワイナリー」。
近年、ニューヨークでは地産池消の文化が定着しており、
食材のみならず、ワインもローカルなものが注目を集めています。
もともと廃墟となったクラブを改装して作られたこのワイナリー。
丁寧なワイン造りにはすでに定評があります。


レストランと、ウェディングなどのイベントができるスペースが併設され人気でこの賑わいです。
こちらの稀少なワインも、ぜひフェアでご覧ください。

◎ニューヨークフェア2014は、
 5月14日(水)から 9階催場と祝祭広場で開催いたします。


次回は、最新アクセサリー事情とクリエーターのアトリエをご紹介いたします。(庸)



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ