催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

英国フェア2016~今年のいちおしスイーツはBloomers~

  • 更新日: 2016/9/12
  •  
  •   mixiチェック

みなさま、こんにちは。英国フェア担当の桑原です。
阪急うめだ本店の英国フェアスタートまでちょうど1ヶ月となりました。

今週ご紹介するのは、今年英国フェアで最もおすすめなスイーツのご紹介。
ベイクウェルプディングをご紹介したいと思います。

えっ?どんなスイーツ?
と、お思いの方もきっと多いことと思います。
ベイクウェルという村は、イングランド中心部である“Heart of England”にあります。
日本人にはあまりなじみのないエリアです。
その理由としては鉄道がないこと。そして小さな村なので大きな宿泊施設がないため
大人数でぞろぞろとはなかなかいかないエリアということもあります。
ですが、英国人にとっては、有名な避暑地。非常に美しい街並みが訪れた人を癒してくれます。

ベイクウェルの中心部。小さい村なのでぶらりのんびり散策できます。


中心部を流れるベイクウェルリバーです。
永遠の愛を誓う南京錠が橋にかけられて、とってもロマンチックです。
僕は3月の出張の際、この川のたもとを走りました。


ベイクウェルでもっとも有名なホテル。3月の出張の際に宿泊しました。
オフシーズンであったため宿泊できましたが、6月はピークということでまったく予約できなかった。


このベイクウェルにはルーツと言われるスイーツが数多くあり、
そのひとつが今回イチオシのベイクウェルプディングなのです。
実はうちこそがルーツだと主張しあっているお店が3つあって、
どのお店が本当にルーツなのかわからない。
それぞれレシピも違うため味わいも違う。
今回、この「ブルーマーズ」に決めたのは、やはり味。ここだ!と僕を満足させてくれる味だった。


店内の様子。天井も低く、大柄な人はすぐ頭がぶつかる英国らしい店内。


ベイクウェルプディングは、パイ生地にジャムを落として、
卵やアーモンドパウダーなどを加えたフィリングを流し込んで焼き上げたお菓子。
これぞ英国の知る人ぞ知る伝統菓子です。


焼き上がったベイクウェルプディング。とってもいい色合いでしょ。
英国フェアでは1個、761円で販売します。


切るとサクサクの生地からジャムがとろっと流れでてくる。最高の味わいです。


今回、来日して腕をふるってくれるのがオーナーのリチャードさん(写真右)
そしてベーカーのトビーさん。彼らが作る焼きたてをぜひ食べて欲しい。


そして、このベイクウェルプディングを強く推薦してくれたのが英国菓子研究家の砂古玉緒さん。
珍しい英国菓子を英国フェアで紹介したいので教えて欲しい。
と昨年末にお願いしたら、紹介していただいたのがこのベイクウェルプディングだったのです。
今回は彼女がこのブルーマーズの輸入者として彼らと一緒に厨房に入り、
ベイクウェルプディングを焼き上げます。

なお、リチャードさんと砂古玉緒さんは、博多阪急英国フェアにもお越しいただきます。
二人の活躍は博多から大阪へ。ロングランの2週間。

ぜひ、ご期待くださいませ!!






  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ