催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

初めて見るお客様多数!
美少女着ぐるみのドーラー、サプライズ来店
~蜷川実花写真展in 阪急うめだ本店

  • 更新日: 2014/9/1
  •  
  •   mixiチェック

◎8月20日(水)~9月9日(火)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 祝祭広場

ただいま祝祭広場で開催中の、蜷川実花写真展「TOKYO INNOCENCE」では、世界的写真家の蜷川実花さんがきりとった、東京のサブカルチャーシーンを中心にご紹介しております。被写体の一人である、美少女着ぐるみを作成し中に入って演じている、島風榛名(しまかぜ はるな)さんが昨日(8/31)午前中にサプライズ来店してくださいました!

画像1
ドーラーの島風榛名さんがご自分のパネルの前で記念撮影
画像2
画像3
展覧会会場

二次元のイラストを立体化して着ぐるみを作成されていて、覆面をして全身着ぐるみをされる方々を”ドーラー”と呼ぶそうです。東京のイベントで主に活躍されていて人気の方とのこと。
展覧会担当の私も、初めてドーラーを実際に拝見しましたこのキャラクターは島風さんが作ったオリジナルキャラクター「紫陽花(むらさき ようか)」ちゃんです。
来店のお客様に一生懸命アピールされていました。初めて見るドーラーに驚くお客様多数!
小さなお子様たちも、喜んで近づくお子様と、怖がるお子様といろいろな反応。

島風さんはこれまでにも数多くの着ぐるみを作成されているそうです。ほかの作品も、販売中の写真集「TOKYO INNOCENCE」に掲載されています。

コスプレの文化は、日本初のポップカルチャーとして、世界的に認められています。毎年、「世界コスプレ・サミット」も開催されており、外務省からも表彰があるなど、日本としても海外との文化交流のひとつのコンテンツとして力をいれているそうです。もうすこししたら、サブカルチャーという位置づけではくくれないカルチャーとなっていくのかもしれませんね。

開催中の写真展では、コスプレ文化以外にもオタクといわれた文化から生まれたアイドル でんぱ組.Inc、ビジュアル系バンド(己龍)、(その世界では)著名なドラァグクウィー ンの方々など、ちょっと異色なカルチャーのコアな方々が被写体になっていて、調べてみると知らなかった、新しい世界を感じることができます。

島風さんは9月6日(土)にも来店予定です。
会ってみたいかたはぜひお越しください。かわいくポーズしてくれますよ。
(都合により予定が変更になる可能性がございます。また、会話はできませんのでご了承くださいませ)

前回のブログ(蜷川実花プロデュースのミラクルなオイルご紹介)はこちら>>
以前のブログ(蜷川実花プロデュースのアクセサリーご紹介)はこちら>>
以前のブログ(撮影自由な蜷川実花写真展の楽しみ方)はこちら>>
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ