文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

文具雑貨マルシェ
「カレイドスコープフォトンpresentsアートな万華鏡!」

  • 更新日: 2015/6/20
  •  
  •   mixiチェック


◎10階 『うめだスーク』 北街区 文具雑貨マルシェ

こんにちは!文具雑貨マルシェの加古です!

本日は6月24日(水)~7月7日(火)のイベント『カレイドスコープフォトンpresentsアートな万華鏡!』ご紹介です!

5月にアメリカで開催された「万華鏡世界コンベイション」にて、フォトン社が買い付けた日本ではなかなか手に入らない珍しい万華鏡たちを、今回のイベントでは多数紹介致します

画像1
一部ですがご紹介致します

○【デザイナー】チャールズ・カラディモス

ネオクラシックの巨匠、チャールズ・カラディモスの人気アイテム「カレイドポット」の新色レッドバージョンが登場!

画像2
チャールズ・カラディモスとは…
カレイドスコープルネッサンスの初期の頃から彼が目指していたのは、複雑で繊細な(彼自身のことばではintricate)、そしてはっきりとした映像を生み出す万華鏡でした。
さまざまなミラーシステムを試し、映像の可能性を追い求めながらパイオニアとして独自のアートを展開し、高品質な手作り作品を創り続けてきてアート万華鏡の発展に大いに貢献した万華鏡界の重鎮です。
彼の万華鏡の特徴は、スランピングという技法を駆使して製作するステンドガラスの作品で、主にドライセル、2ミラーの映像にこだわって製作しています。
手に載るほどの手持ち型から、大型の卓上型まで、すべてに持てる技を注ぎ込んだバランスの取れた作品なので、コレクターアイテムとして大変人気があります。
今回の新作も、映像のシンメトリーの完璧さはいつもと変わらず、こだわりのオブジェクトが生み出す独特の映像世界で、コレクターにとっては垂涎の的です。

画像3
○【デザイナー】キャシー・ペインター

万華鏡デザイナーは男性が多いのですが、数少ない女性のデザイナーです。

ジュエリーを使った女性らしい物語性のあるデザインが人気です。

日本ではまだあまり紹介されていないので、万華鏡コレクターの方は必見ですよ!

画像4
【万華鏡の歴史と流れ】

子供の頃になれ親しんだ、懐かしい万華鏡は、実は1816年にスコットランドのデイビッド ブリュースター(Sir David Brewster)という物理学者が”発明し”Kaleidoscope”という名前で特許を申請したのが起源。
”Kaleidoscope”はギリシャ語を元にした造語で、”Kalos”=美しい、”Eidos”=形、模様、”Scope”=見るもの の3語を合わせたもので、ブユースターさんによる造語です。
日本には、文政二年(1819年)には万華鏡を示す「紅毛渡り更紗眼鏡流行 大阪にて贋物多く製す」という記述が「摂陽奇観」に見られており、発明後わずか3年にして日本でも製作されはじめました。

さて、この万華鏡(kaleidoscope)ですが、1980年代の終わり頃にアメリカで、美しい万華鏡を見直そうという運動をCozy Bakerという女性を中心に始められました。
これがきっかけとなり、Kaleidoscope Renaissanceと言われるように、美しい万華鏡のブームが再び巻き起こり、現在アメリカでは150人以上の万華鏡作家が万華鏡の芸術品を作り続けています。
 日本でも、この万華鏡の美しさに惚れ込み、万華鏡を作る芸術家が増え始めています。

カレイドスコープフォトンは、オイルセルタイプの万華鏡を中心に製造してきました。
特に、1月~12月の誕生石を入れた手のひらサイズのジュエリー万華鏡は、いつでもどこでも楽しむことができ、ギフトとしても人気のアイテムです。

画像5
□万華鏡ワークショップ

今回のイベントでは、ご自分で万華鏡を作っていただけるワークショップも開催致します!

オイルセルタイプは日本の昔ながらの万華鏡とは違い中に液体が入っていますので、模様がゆったりと動き、毎回違う動きを見せてくれるのが特長です。

中には天然石を入れます。
ご自分で作った万華鏡は愛着がわくこと間違いなしです!

開催日:6月27日(土)・28日(日)・7月4日(土)・7月5日(日)
開催時間:午後1時~午後5時
参加費:3780円(税込)
所要時間:30分


詳しくは「カレイドスコープフォトン」のサイトにて詳しい情報が随時更新されますので、チェックしてみてくださいね。
☆カレイドスコープフォトンのサイトはコチラ☆

今回の文具雑貨マルシェでのイベントは、金魚、花火、蓮の花などの季節をモチーフにした万華鏡も勢ぞろい。
時間を忘れて見入ってしまいそうですね!

なかなか日本ではお目にかかれないアートな万華鏡がたくさん集結致します。
万華鏡ファンの方もそうでない方も、ぜひ一度見ていただきたいイベントです。

10階うめだスークのコンコース側エスカレーターを上がってすぐの文具雑貨マルシェ内にて行います。

お待ちしております!
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ