文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

ライカ阪急うめだ店イベントレポート〜中井精也と巡る 阪堺電車撮影会〜

  • 更新日: 2019/6/16
  •  
  •   mixiチェック

皆様こんにちは。いつもライカ阪急うめだ店ブログをご覧いただきありがとうございます。
3回に分けてお伝えしてきた中井精也氏のイベントレポート。最後となる第3弾は、中井さんと共に巡った阪堺電車の撮影会の様子をお伝えいたします。

撮影会当日は晴天に恵まれまさに撮影会日和!!とても過ごしやすい気候の中の開催となりました。

撮影会は、日本で定期運用している電車では日本最古の車両「モ161形」を貸し切って開催されました。開通から100年を超す阪堺電車の中でも歴史のある貴重な車両です。

貸し切りの路面電車の車内というプライベートな空間の中、中井さんの軽快なトークと共に撮影会はスタートしました。道中、車内の雰囲気や車窓の風景を撮影したり、また休憩時には途中下車をして車両を被写体にシャッターを切ったりと、参加者の皆さんはそれぞれ熱心に撮影に取り組みました。

レトロな雰囲気が漂う車内はとてもフォトジェニックです。

雰囲気のある路線沿いの待合室や、路面電車らしい雰囲気のあるエリアなどで、阪堺電車を過去にも撮影してよく知る中井さんならではのアドバイスが飛び交います。それを聞いてシャッターチャンスを逃すまいと、皆様とても熱心です。


中井さん自らがモデルとなってくれる一幕も。テレビで引っ張りだこの著名な方なのにとても気さくなお人柄です。「どんどん声をかけてくださいねー」との声に参加者の皆さんの緊張も自然とほぐれます。


今回の撮影会の主役となった阪堺電車の「モ161形」の外観。定期運用している車両の中では日本最古のもので、中でも今回貸し切りにした緑色の車体は昭和40年代の復元車でとても貴重な車両です。

熱心に撮影を楽しんだ後は、今回撮影した写真の中から、参加者の皆様にお気に入りの一枚をセレクトしてもらい、中井さん直々に講評していただきました。

同じ空間にいても、一人一人全く違った切り撮り方になるのが写真の面白いところ。撮って終わりではなくほかの参加者の写真を見ることで「こんなアングルもいいな!」「こんな風に撮るにはどうしたらいいんだろう??」と、より写真を楽しむ視点やきっかけが広がります。


今後もライカ阪急うめだ店では様々なイベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

ライカ阪急うめだ店
電話:06-6313-9655(直通)


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ