9階 祝祭広場 今月のアートビジョン
ArtFilm
プロのクリエーターや学生が制作したアート映像、その優秀作品を選んでご紹介。
1月のショートフィルム 若手映像作家作品から

若手映像作家の優秀なアニメーション作品をセレクトしました。
映像文化の未来を担う映像作家の作品をお楽しみいただきます。

■上映作品
『Crossing Tokyo』
『Crossing Tokyo』

360度カメラでの新しい表現にチャレンジした作品。
360度カメラで撮影すると、撮られた映像は球体状になり、
それを生かし、まだ知らぬ場所に足を踏み入れた時の不安感や、
目が眩むようなイメージを表現するミュージックビデオとして
作品化した映像作品である。

上映 宮脇 巧真(みやわき・たくま)菊池 司(きくち・つかさ)(東京工科大学)

 



■上映作品
『灯り屋』
『灯り屋』

万人受けする可愛らしいキャラクターデザインと
温かみのあるタッチ、 光の美しさを感じさせる
鮮やかな色彩設計が作品全体の統一感と没入感を
生み出している作品。
すべてのカットに感じる構図や色彩による美しさを
感じる事ができ、最後までコンセプトアートを
見ているかの様な魅力的なカットを楽しめる作品である。

上映 新垣 玲実(あらかき・れいみ)(沖縄県立芸術大学)

 

Fashion
コレクションのランウエーシーンやブランドのイメージムービーなど、ファッションの魅力あふれる映像。
「VOGUE」ファッションムービー

■VOGUE JAPAN 2月号Cover Shoot
●ファッションロイヤリティ、ジゼルが『VOGUE JAPAN』 2018年2月号の表紙を飾る。

ブラジル出身のトップモデル、ジゼル。
2002年から2015年に渡り、米「フォーブス」誌の「最も稼ぐモデル」のトップに君臨した彼女は、
自然体の美しさを持つ女性として一世を風靡。
ヘルシービューティの持ち主である彼女は、20年以上のキャリアを持ち、
モデル、慈善事業家、2児の母として精力的に活動し、輝き続けている。
『VOGUE JAPAN』 2018年2月号のテーマである
ファッションロイヤリティのカバーガールにふさわしい彼女を、
フォトグラファーデュオのルイージ&イアンゴが撮りおろした。
その表紙と連動したカバーストーリーのメイキング動画をお届け!
ロックなムード漂うジゼルの魅力を感じて。

●ファッションストーリー
サラ・スナイダー、デライラ・ベル。
今をときめくデジタルインフルエンサーの東京ナイトアウト。

ミレニアル世代のインフルエンサーとして国内外で人気のアメリカ人モデルのサラ・スナイダーとデライラ・ベル。
華やかな交流関係でも話題の彼女たちがロゴマニアをテーマにしたファッションストーリー撮影を東京で敢行。
本誌でおなじみのフォトグラファーデュオ、ルカ&アレッサンドロ・モレッリが、
彼女たちが東京で夜遊びを楽しむというストーリー仕立てで撮りおろしてくれた。
『VOGUE JAPAN』2月号に掲載しているそのファッションストーリーのメイキングを、
ポップでグルービィなショートムービー仕立てでご紹介。

※なお、放映内容は予告なく変更することがございます、予めご了承くださいませ。