9階 祝祭広場 今月のアートビジョン
ArtFilm
プロのクリエーターや学生が制作したアート映像、その優秀作品を選んでご紹介。
4月のショートフィルム 若手映像作家作品から

若手映像作家の優秀なアニメーション作品をセレクトしました。
映像文化の未来を担う映像作家の作品をお楽しみいただきます。

■上映作品
『Controller of Controller』
『Controller of Controller』

現実世界とゲームの中の仮想世界の境が
曖昧となっていく様子を描いたCGアニメーション作品。
色彩、動き、効果音などなかなか普段見ないトーンで、
飽きさせない展開になっていておもしろい作品になっています。

上映 岡崎恵理(多摩美術大学)

 



■上映作品
『memories』
『memories』

モデリング、アニメーション、ライティング、
細やかで丁寧な作りでしっかりと生きたキャラクターを
描いていて、シーンごとのライティングによる演出で
主人公の感情を表している作品。
セリフがなくても、ストーリーが伝わってきます。

上映 荻野佑一朗、AT1の愉快な仲間たち

 

※なお、放映内容は予告なく変更することがございます、予めご了承くださいませ。