9階 祝祭広場 今月のアートビジョン
ArtFilm
プロのクリエーターや学生が制作したアート映像、その優秀作品を選んでご紹介。
8月のショートフィルム 若手映像作家作品から

若手映像作家より優秀なアニメーション作品をセレクトしました。
未来の映像文化を担う映像作家の作品をお楽しみいただきます。

■上映作品
『ただ走る』
『ただ走る』

かつてオスカー・フィッシンガーは、
「無音の音楽もの」のアニメーションを作った。
色、かたち、動き、それだけで十分に、音は鳴らせる。
この作品は、忘れられたそのアニメーションの性質を
掘り起こしているようで興味深い。
無音であるが、とてもうるさい。
画面自体がじゅうぶんに音を発していて、
音はむしろ実際に鳴るよりもさらに、溢れだしてくるかのようだ。
[21th Campus Genius Award GOLD]

上映 横山 航(札幌市立大学)

 



■上映作品
『ÉMIGRÉ』
『ÉMIGRÉ』

過去と未来が入り混じった世界をはかなく綺麗に描かれている。
近づいてくる振動が戦いの予兆となり、戦渦に巻き込まれていく
少女の心情を天候の変化と共に効果的に表している。
挿入歌も印象的で全体の構成に大きく寄与している。
[21th Campus Genius Award PLATINUM]

上映 中島 渉(東京工芸大学)

 

Fashion
コレクションのランウエーシーンやブランドのイメージムービーなど、ファッションの魅力あふれる映像。
「VOGUE」ファッションムービー

■ITALIAN Lifestyle in Japan
イタリア大使館をロケーションに撮影したカバーストーリーから、
モデルを務めた女優の小松菜奈とヴァーバラにITALYについて
10の質問を投げかけたQA編とメイキング編の2本のムービーをお届けします。

※なお、放映内容は予告なく変更することがございます、予めご了承くださいませ。