数寄景

私たち日本人は、外来文化を受け入れ、そこに独自の洗練を加えることで、創造性の高い文化をつくってきました。日本文化の特質であるこの創造性は、グローバリズムが台頭する現代においても絶えることなく、脈々と受け継がれています。  本展は、このような日本美術の「文化遺伝子」を継承するアーティストたちの身振りにフォーカスすることで、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出します。  展示構成は、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションごとに、それぞれ2組(一部3組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛けます。   現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの織りなす、自由闊達で創造力あふれる展示空間を風景に見立て、展覧会タイトルを『数寄景/NEW VIEW』としました。  「平成」から「令和」への転換の年に、彼らの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるでしょうか。

出品作家

NEO SEED

あやし

岡本瑛里《胞衣清水》2011-2013  パネルに綿布、アクリル、油彩 170×362cm撮影:宮島径 個人蔵©︎OKAMOTO Ellie, Courtesy Mizuma Art Gallery

金子富之《黄光飛龍》2018 岩絵具、墨、透明水彩、アクリル、ペン、箔、吉祥麻紙 230×480cm遠藤祐里氏所蔵©︎KANEKO Tomiyuki, Courtesy Mizuma Art Gallery

見立て

淀川テクニック《クルマサカオウム No.1》2015 ゴミ、ミクストメディア W80×H64×D34cm©︎Yodogawa Technique, Courtesy YUKARI ART

岩崎貴宏《リフレクション・モデル(サスケハナ)》2019 墨汁、檜、シナベニヤ、糸、ワイヤーH168×W161×D42cm撮影:木奥惠三©Takahiro Iwasaki, Courtesy of ANOMALY

うつろひ

荻野夕奈《p-200119_1》(参考画像) 2019 キャンバスに油彩 194×194cm 撮影:宮島径©︎OGINO Yuna

宮本佳美《Surge of shadow》2018 水彩、アクリル、綿布 181,8×291cm ©︎MIYAMOTO Yoshimi, Courtesy imura art gallery

中北紘子《Moment》2019ミクストメディア、キャンバス 160.6×325.5cm©︎NAKAKITA Hiroko

なぞらえ

水野里奈《入れ子状に渦巻く》2018 キャンバスに油彩、ボールペン 181.8×227.3cm 撮影:宮島径©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

山本竜基《天回図》(制作中) 2019 キャンバスにアクリル 130.3×194cm 撮影:宮島径 JAPIGOZZI Collection ©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

ゆらぎ

赤松音呂《チョウズマキ》2018水、ガラス容器、磁石、プラスチック、デバイス、コントローラーサイズ可変©︎AKAMATSU Nelo, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

宮永愛子《suitcase -Key-》2014 ナフタリン、樹脂、ミクストメディア 37×53.4×19.8cm撮影:宮島径西治コレクション©MIYANAGA Aiko, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

かさね

川人綾《C/U_mdccc-mmd_(b)_Ⅰ》2019 パネル、アクリル絵具 180×250cm©︎KAWATO Aya, Courtesy imura art gallery©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

青山悟《News From Nowhere (labour day) 》2018 シルクスクリーンプリントに刺繍、ドローイング 100×140 cm 撮影:宮島径 遠藤祐里氏所蔵©︎AOYAMA Satoru, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

今様

木村了子《普賢菩薩像》2018 絹本着色金彩、裏純金箔 104×104cm 角田幸恵氏所蔵©︎KIMURA Ryoko©︎YAMAMOTO Ryuki, Courtesy Mizuma Art Gallery©︎MIZUNO Rina, Courtesy Mizuma Art Gallery

橋爪彩《La petite source》2019 パネルにエマルジョン地、油彩194×130.3cm 撮影:宮島径 ©︎HASHIZUME Sai

奇想

池田学《蛸》2004 紙にペン、インク 30×30cm 個人蔵 撮影:宮島径©︎IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery

チームラボ《世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う》2013 Interactive Digital Work, Endless, 8 channels, Sound: Hideaki Takahashi©teamLab, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery