Time capsule exhibition Osaka

ルイ・ヴィトンの歴史を通じて、その革新的な技術やデザインの軌跡を振り返る「Time capsule」展を7月14日(土)から8月1日(水)まで、9階 阪急うめだギャラリーにて開催。香港、ロサンゼルス、マドリッドなど世界の主要国を巡回しているこのエキシビション、日本では大阪での開催となります。

※会場内イメージ

ルイ・ヴィトンは1854年、旅行鞄専門店としてパリで創業。160年以上にわたり、旅のスタイルの進化に合わせて創意工夫を凝らし、鉄道の旅のためのトランク、自動車用のルーフ・トランクやドライバーズ・バッグ、豪華客船の旅の到来に合わせた大型のワードローブ・トランクなど、ラグジュアリーでありながら機能的で耐久性に優れたラゲージを発表しつづけています。また、探検家のためのベッド・トランクや音楽家のためのデスク・トランクなど、世界中の顧客のあらゆる夢や要望を叶えるために、独創的なトランクも数多く手がけています。絶え間ないイノベーションを追求してきたメゾンの情熱が、歴史的な名品や現代の製品によって体現されており、展示を通してデザインの軌跡をたどることができます。

1910年頃、ワードローブ・トランクの広告

ルイ・ヴィトンのストーリーを紡ぐ上で重要な4つのテーマ「The key to the codes─メゾンを象徴するシグネチャー」、 「Journeys around the world─世界を巡る旅」、「Elegance in motion─旅するエレガンス」、 「Icons of the House─メゾンの多彩なアイコン」を視覚的なイメージでご紹介するほか、メゾンと日本の関係性を讃える厳選されたオブジェもご覧いただけます。さらに、フランスのアトリエから来日した職人が今も変わらぬ伝統的な革細工技術の実演を披露するなど、ルイ・ヴィトンの貴重なアーカイブの世界を体感できる特別な機会となります。

トランクからインスピレーションを得た「プティット・マル」

化粧道具ケース

なお、アートステージでは、ブランドのDNAである「旅」に関する書籍などを扱うブックストアも併設されますので、ご一緒にお楽しみください。