新たな個性あるカカオ豆を求め、世界各地の産地を巡る。
カカオ農家と信頼関係を築き、ともに品質向上に取り組む。
そうした、カカオ豆への探求心やこだわりを持ち、その加工からチョコレート作りまでのすべての工程に
情熱を注ぐショコラトリーを、“カカオトリー”と名付けました。
それぞれ独自の技法で、カカオ豆本来の風味を生かしながら、独創的な味わいを生み出しています。

2015年、ベルギー王室御用達の称号を賜ったショコラティエ。毎年、世界各国のカカオ農園を訪れてカカオ豆を買い付け、クーベルチュール作りを焙炒から一貫して手掛けています。そのクーベルチュールをストレートに味わえる“シー ホース”などの新作や、定番コレクションをアソートしたのがこちらのセレクション。真っ赤なハートボックスに心が奪われます。

ベルギー「ピエール マルコリーニ」

バレンタイン セレクション
(9個入り、ベルギー製)3,672円
●9階催場

元エンジニアという稀有な経歴を持つ、ベルギー出身のブノワ・ニアン。使用するカカオ豆は農園に何度も足を運んで選び、緻密な計算のもとショコラに仕上げています。そんな情熱を持つショコラティエが阪急限定でアソートしたボックスは、フルーツとナッツがテーマ。ピーナッツプラリネやフィグ、ラズベリーなど素材本来の風味を生かしたショコラを楽しめます。

ベルギー「ブノワ・ニアン」

ブノワ Mix5 Soleil
(5個入り、ベルギー製)2,160円
[阪急限定]
●9階催場

スペイン・バルセロナのショコラトリー。かつてアステカ帝国の王が愛し、一時は絶滅したと考えられていたカカオ豆“レアルクリオロ®”。今回ご紹介する『レジェンダ』は、その“レアルクリオロ®”を使った“ショコヌスコ”など、希少品種のカカオ豆で仕上げた3種のボンボンをアソート。それぞれのカカオの味わいを確認しながら楽しめる、テイスティングチャート付きです。

スペイン「カカオ サンパカ」

レジェンダ
(3個入り、スペイン製)1,674円
●9階催場

1948年、フランスで創業。世界各国の契約農園からカカオ豆を仕入れ、カカオフェビエ(カカオ職人)がそれぞれの個性を生かしながらチョコレートに仕上げています。こちらの『コフレNo.8』は、ドミニカ共和国、マダガスカル共和国などの3農園のカカオを使ったチョコレート8種を詰めた日本限定アソート。多彩な“Bean to Bonbon”を味わえます。

フランス「ミシェル・クルイゼル」

コフレNo.8
(8個入り、フランス製)3,240円
●9階催場

ドミニカ共和国に自社農園を所有。酸味、苦み、味の奥行きのバランスが取れたカカオ豆を使ったプラリネが2015年と2016年の『ICA(インターナショナルチョコレートアワード)世界大会』で金賞を受賞しました。砕いたカカオ豆や、キャラメリゼしたカカオ豆をチョコレートでコーティングしセットにした『イル・プーロ』で、オリジナルカカオ豆の素晴らしさを感じてください。

イタリア「ヴェストリ」
イル・プーロ

(カカオニブチョコレートコーティング・カカオ豆ダークチョコレートコーティング各30g、イタリア製)1,944円
●9階催場

イタリア・ピエモンテ州で1878年に創業。当時のレシピを守りながらも革新的なチョコレートを作り続けています。創業140周年を記念した新作はベネズエラ産のカカオ豆を使用。コーヒー味のチョコレートやマスカルポーネ風味のホワイトチョコレートなど3種を重ねた“ティラミス”と、ミルクチョコレートでチョコレートスプレッドを包んだ“スプレーマ・プラリネ”をセットにしました。

イタリア「ヴェンチ」

ヴェンチ 140周年 4個セット
(4個入り、イタリア製)1,620円
●9階催場

ニューヨーク・ブルックリンで誕生。様々な国を訪れて探し出したカカオ豆を低温で焙炒し、栄養分や酵素をキープ。同時にカカオ豆本来のフレーバーを引き出し、砂糖や乳製品を使わずに仕上げたチョコレートがヘルスコンシャスなニューヨーカーの心を捉えています。その魅力を、新フレーバーの香り豊かなウイスキーバニラなど3種のトラッフルと、ヘーゼルナッツチャンキーのタブレットでご堪能あれ。

アメリカ「ファイン&ロー」

トラッフルアソート
(6個入り、アメリカ製)3,564円
ヘーゼルナッツチャンキー
(1枚42g、アメリカ製)1,512円
●9階催場