爽やかな酸味のフルーツ、サクッと香ばしく風味豊かなナッツ。
どちらも、濃厚なチョコレートの味わいをいっそう引き立ててくれるベストパートナー。
さあ、どの組合せがお好み?

チョコレートと相性のいいフルーツはたくさんあるけれど、やっぱり外せない“いちご”。「オードリー」は、選りすぐりのいちごと、世界各国から選び抜いたチョコレートで作るいちごスイーツの専門店。おしゃれで洗練された新発想のショコラは、見ているだけでHappyな気持ちに。

「オードリー」

①阪急限定ショコラ詰め合わせ
(4個入り、日本製)1,512円[阪急限定]
②阪急限定缶[S]〈グレイシアミルク・グレイシアナッツ〉
(各5個入り、日本製)1,620円[阪急限定]
③ストロベリーショコラ
(150g、日本製)1,404円
●9階催場

1894年、銀座で創業。以来120余年、愛され続けている“果実専門店”。香り高い国産いちごに、じっくりとホワイトチョコを染み込ませた、果物の老舗「銀座千疋屋」らしいひと品。甘酸っぱいいちごと、とろけるチョコがくせになる味。

「銀座千疋屋」

いちごのチョコレート
(70g、日本製)1,620円
●9階催場

1943年、イタリア・ピエモンテ州で創業したチョコレートブランドから。シチリア産のオレンジとレモンのコンフィをカカオ60%のダークチョコレートでコーティング。“レモン”はイタリアのコンテストTavoletta d'Oro 2017ファイナリスト。

「ボドラート」

スコルツェオレンジ&レモンセレクトセット
(各8本入り、イタリア製)2,592円[阪急限定]
●9階催場

果樹園から届いたようなパワフルなフルーツの香りと味わいが、熱帯の果実カカオと出逢い、新しい感性のチョコレートが生まれました。阪急うめだ本店限定のNewブランド「フルージェル by モロゾフ」から。

「フルージェル by モロゾフ」

フルージェル(シトラスベリー)
(73g、16個入り、日本製)1,080円
[阪急限定]
●9階催場

スイート・ミルク・ホワイトの3種類のチョコレートに、パイナップル・みかん・バナナチップ・クランベリー・柚子など色とりどりのドライフルーツをトッピング。たくさんのフルーツと青い鳥が描かれた華やかなパッケージに詰めて。

「フルフルッタ」

マンディアンチョコレート
(6個入り、日本製)1,620円
●9階催場

世界各国から見つけた素材をベストな相性でマッチングさせる、ドルチェサンドの専門店。『Remember me』をテーマに、忘れられない香りと口どけを秘めた“Chocolat R”をはじめ、謎めいたショコラ・ドルチェの数々は、食べる前からドキドキ。

「ア・サンドルチェ」

Chocolat R
(キャラメル味・ラズベリー味、各2個入り、日本製)1,728円
●9階催場

1969年創業、南フランス・プロヴァンス地方を代表するブランド。レーズン・りんご・いちじくなどのパート・ド・フリュイや、ヘーゼルナッツ・アーモンドなどを、鮮やかなチョコレートでコーティング。地元プロヴァンスの人々に愛され続けています。

「フランソワ デュッセ」

デュッセ メリメロ
(185g、フランス製)2,160円
●9階催場

1903年、パリから南へ100kmほどに位置する街、モンタルジーに創業した老舗のコンフィズリー。ローストアーモンドにカラメルが掛けられた「マゼ」の代名詞“プラズリン”は、今もなお、伝統的なレシピで熟練の職人たちにより作られています。

「マゼ」

プラズリン
(125g、フランス製)3,024円
●9階催場