今年初登場のNEWブランドチョコ

フランス料理界の巨匠、アラン・デュカスが手掛ける東京工房のショコラトリー。パリの工房でカカオ豆から一貫して作り上げるクーベルチュールを使い、ショコラティエがひとつひとつ丁寧に手作り。

フランス「ル・ショコラ・アラン・デュカス」

デクヴェルト 詰合せ
(15個入り、日本製)6,048円
●9階催場

東京・自由が丘で、様々な産地のカカオの魅力を生かしたチョコレート作りを研究。ビター、ミルク、ホワイトに次ぐ、第4のチョコ“ブロンド”を味わえる生チョコレートが登場。

日本「マジ ドゥ ショコラ」

NO.4 ブロンド
(12個入り、日本製)1,901円
●9階催場

ネットで注文

自由を愛するいけばなの流派“草月流”と「モロゾフ」がコラボレート。
いけばなの水盤をイメージしたボックスに、花や実、枝に見立てたショコラをセット。

「Foi D’amour by SOGETSU
(フォアダムール by 草月)」

草月(27個入り、日本製)2,160円
●9階催場

ネットで注文

新しい「アンリ・シャルパンティエ」を表現する気鋭のブランドから。“ワールドチョコレートマイスターズ2018”日本代表の垣本晃宏が生み出す、繊細で独創的な味わい。

「アンリ・シャルパンティエ ショコラプール」

ボンボン(9個入り、日本製)3,111円
●9階催場

日本で25年以上暮らすフランス人シェフが手掛けるボンボンショコラ。“生姜×キャラメル”“胡麻×プラリネ”など、和素材の個性とフランスのエスプリの相性が絶妙!

「クリオロ」

フランコ・ジャポネセット
(8個入り、日本製)3,240円
●9階催場

ネットで注文

「フジマル醸造所」藤丸智史と、大阪発ショコラトリー「エクチュア」の2代目、植松真央がコラボレート。大阪・柏原産デラウェアの赤ワインと岩手産山葡萄の白ワインを、ナッツやフルーツ、スパイスと合わせ、フレッシュ感のあるプラリネに。

「フジマル醸造所×
Cru de M(クリュ ド エム)」

ワインプラリネ 2019
(3個入り)1,620円・(5個入り)2,484円
※いずれも日本製[阪急限定]
●9階 祝祭広場

ネットで注文

シャンパーニュ“ロゼ・ダム・ジャンヌ”を使ったトリュフ。きらめく泡の華やかさをイメージ。

「イストロワール」

ロゼシャンパンショコラ
(6個入り、日本製)1,620円
●9階 祝祭広場

ネットで注文

ポルトガル産ワインを包み込んだ、大人のためのチョコレート。チェリーやラズベリーを思わせる香りと上品な甘酸っぱさを堪能して。

「カカオ・ディ・ヴァイン」

ワインバイツ ピノ・ノワール
ワインバイツ カベルネ・ソーヴィニヨン
(いずれも18個入り、ポルトガル製)
各1,620円
●9階 祝祭広場

甘くスパイシーなワインや、まろやかで華やかなブランデーなど3種のお酒をカカオ72%のチョコレートに閉じ込めて。

「ラ・ショコラトリー・ティボ」

ブション・ショコラ(シャンパングラス入り)
(6個入り、フランス製)3,240円
●9階 祝祭広場

シングルオリジンカカオとシングルモルトウイスキー、2つの“シングル”が織り成すマリアージュ。

「ラウデン チョコレート」

ペアリングチョコレート シングルモルトウイスキー with シングルオリジンカカオ(6個入り、英国製)2,398円
●9階 祝祭広場

ネットで注文

新進気鋭の若きショコラティエ、イースク・ヘイニンク。
自ら畑を作るほど食材にこだわりを持つ彼らしい、フルーツを使ったみずみずしいショコラなどを。

ベルギー「イースク」

セレクション6
(6個入り、ベルギー製)2,268円
●9階 阪急うめだギャラリー

ネットで注文

パリで腕を磨いた若きシェフ、カナイ・マサヒトの新ブランドが関西初登場!開きかけの花のつぼみから広がるみずみずしい香りをイメージした6つの味わい。

「TOKYO チューリップローズ」

ボンボンショコラ(6個入り、日本製) 2,376円
●地下1階 ツリーテラス

フリーズドライしたいちごにチョコレートを染み込ませ、深みのある新感覚のチョコレート菓子に。サクッとした食感とヨーグルトの甘酸っぱいハーモニーを楽しんで。

「ショコラ・ドゥ・シミール」

ショコラ・ドゥ・シミール
おかき・バナナ・ストロベリーなど
(各60g、日本製)各648円
●地下1階 スイーツイベント2

フランス ニースのショコラティエ パスカル・ラックが手掛けるチョコ。ニースのイメージを可愛らしく表現したカモメのショコラ。

「LAC a nice(ラック ア ニース)」

ショコラムエット(7個入り、日本製)1,620円
●地下1階 バレンタイン特設ステージ

ネットで注文