MUSE STYLE 03│矢野未希子さんのリラックスタイムの過ごし方
FEATURE | 2019.6.18
MUSE STYLE 03│矢野未希子さんのリラックスタイムの過ごし方
vol.3は矢野未希子さんのリラックスタイムにフォーカス。家でのくつろぎ方から、癒しの時間に欠かせないアイテムについてお話を伺いました。
雑誌やカタログ、広告などたくさんの場で活躍する矢野さん。モデルとして忙しい毎日を送る中でリフレッシュするために意識していることや、「一番の息抜きになる」というバスタイムでの過ごし方など、プライベートな一面をご紹介します。


リラックスするのは自分に手間をかけられているとき

「日々の生活に適度な緊張と刺激が欲しいので、休みが多すぎるのは苦手です。だからと言ってずっと仕事が続いてもしんどいですが……(笑)」
撮影は週3、他の日はトレーニングやメンテナンスなど、撮影に向けた準備にあてるのがコンディションよくいられる理想のペースだと話す。

家ではお気に入りのソファで映画を観たり、ストレッチをしたり。くつろぎ時間とはいえ、何もしていないことはほとんどないと言う矢野さん。
「何もしない=リラックス、な訳じゃなく、“自分のために手間をかけられているな”と感じるときが癒しに繋がります。スイッチを完全にオフするのは、寝ているときだけでいいかな。家ではお気に入りの香りを取り入れて、リラックスできる空間作りも意識しています。」


バスタイムにはお気に入りの香りが必需品

矢野さんにとって1番のリラックスは、好きな香りと一緒に楽しむバスタイムと話す。
「香りはリラックスタイムのキーアイテム。エッセンシャルオイルを入浴剤代わりに入れたり、浴室にエネルギースプレーをしたりして、バスルームを好きな香りでいっぱいにします。蒸気でふわっと香り立って癒されるんです。」

最近は<ガミラシークレット>のソープの優しい香りを気に入り、よく使用しているという。
「洗い上がりもさっぱりして気持ちいいからボディーソープとしてはもちろん、バスタブの中で溶かして入浴剤としても使っています。」
“こういう風に使ったらどうかな”と楽しみながら、自分なりの使い方を見つけるのも矢野さんならでは。

ONとOFFの切り替えに欠かせないフレグランスアイテムは、ブランドやアイテム問わず、香り重視でコレクション中。
「今はイランイランやゼラニウムとか、好きな香りがブレンドされたオイルが気になります。」
寝室もルームスプレーで香り付け。寝具も肌触りがいいリネン素材で心地よさを追求しているという。

<ガミラシークレット>ソープ(115g / ゼラニウム) 2,484円_2階 HANKYU BEAUTY (コスメキッチン リュクス内)

お風呂でのヘッドマッサージで簡単リフレッシュ

また、お風呂の中ではヘアケア&頭皮ケアも大切だと話す矢野さん。
「40℃くらいのお湯に頭まで浸かるんです。頭皮が温まったら、深呼吸しながらヘッドマッサージ。バスルームに充満した香りにとっても癒されるし頭皮もほぐされて、気持ちいいんですよね。」
入浴後はブラッシングで頭皮を刺激するのがルーティーンだそうだ。
「下から上にブラッシングするのがマイルール。血流が流れてすっきりするんです。」

「特別な日の前日とかはプロの手も借ります。疲れているなって思ったらヘッドスパに行きますね。夜遅めにヘッドスパで施術してもらって、そのまま帰宅して寝るのがお決まりのコースです。」
自分へのご褒美ビューティーは忙しい毎日の中で効率よくリフレッシュする方法のひとつになっている。
「がんばりすぎず、無理もせず、自分の“好き”に囲まれてのんびり過ごす時間がモチベーションアップにも繋がるし、私にとってのリラックスタイムです。」

<ニールズヤード レメディーズ>エッセンシャルオイル ゼラニウムオーガニック(10ml) 3,672円_2階 HANKYU BEAUTY / ゼラニウムの葉と花から丁寧に抽出した100%ピュアなエッセンシャルオイル。ルームフレグランスやバスオイルに。

<ガミラシークレット>ソープ(115g / ゼラニウム) 2,484円_2階 HANKYU BEAUTY(コスメキッチン リュクス内) / イスラエル北部に住むガミラが30年以上の歳月をかけ、完成させたソープ。ハーブとオリーブの優しい香りでリラックスタイムにぴったり。

<ジョンマスター オーガニック>ベントパドルブラシ 3,456円_2階 HANKYU BEAUTY / マイナスイオンを放つトルマリン配合のイオン毛とふかふかクッションで頭皮に心地よい刺激を。

矢野未希子 プロフィール
1986年12月4日生まれ。大阪府出身。165cm。ファッション誌や広告など幅広く活躍。

LATEST FEATURE