Professional Note 04│年末年始のホームパーティーで活躍するアイテム
FEATURE | 2019.12.10
Professional Note 04│年末年始のホームパーティーで活躍するアイテム
ファッションからライフスタイルまで、業界の第一線で活躍するプロフェッショナルが、年末年始の様々なイベントで活躍するおすすめの品を教えてくれる短期連載。今回は、ホリデーシーズンのホームパーティーにぴったりのアイテムを伺いました。
テーブルを華やかに彩るグラスやカトラリー、キッチン家電、そしていつもより贅沢な気分を味わえるグルメなど。
クリスマスから年末年始、家族と楽しく過ごす特別な食卓に、

プロ達がぜひとも用意したい!という、とっておきのアイテムを教えてくれました。
  • Brand

    PRINCESS〈プリンセス〉

  • Item

    Pot

テーブルに出せるポットで
暖かい料理を
みんなで楽しみたい
インテリアスタイリスト長山智美
年末年始は友人を招いてテーブルを囲む機会が多くなるという長山さん。そんな時に活躍させたいというのが、オランダ生まれのおしゃれなキッチン家電〈プリンセス〉のセパレートポット。「チーズフォンデュなんかを作って、みんなでわいわいテーブルを囲みながら楽しみたいです。少人数ならシチューやカレーを2種類作って違った味を楽しむのもいいですね」テーブルウェアとのコーディネートも楽しめるシンプルなデザインも決め手に。「洋食ならイッタラなどのカラフルでコンテンポラリーの器を合わせてポップに。和食なら作家ものの焼き物の器や北欧のビンテージ陶器などをミックスしたらセンスアップできそうです」 〈PRINCESS〉セパレートポット ピュア 22,000円_7階 キッチン&ダイニング
Profile
長山智美/インテリアスタイリスト:「Casa BRUTUS」をメインに活躍し、同誌ではデザインコラム「デザイン狩人」を連載中。ショールームやカタログのインテリアスタイリングも手掛ける。プライベートでハマっているのはヨガとPS4。
  • Brand

    Baccarat〈バカラ〉

  • Item

    Glass

盛り付けの美しいお惣菜と
クリスタルのグラスがあれば
テーブルが一気に華やかに
CLASSY.ONLINE編集室 編集室長原さやか
  • Brand

    PARIYA〈パリヤ〉

  • Item

    Deli

自宅でホームパーティーを開くことが多いという原さんが、年末年始に頼りにしているのは信頼を置く店のデリ。「撮影時のランチにも選ぶことが多い〈パリヤ〉は業界でも人気のお店です。みんなが好きなメニューが揃い、盛り付けも美しいのでそのままテーブルに置くだけで絵になります」また、パーティー時はテーマカラーを決めたテーブルコーディネートを意識しているそう。「ホリデーシーズンはシルバーをテーマにすることが多く、〈バカラ〉のクリスタルの輝きはまさにぴったり。お酒もノンアルコールのスパークリングも、グラスがバカラならテーブルが一気に華やぎます」 〈バカラ〉ベガ シャンパンフルート 2客セット(各190ml 径5.5×22.6cm) 33,000円_7階 特選洋食器売場
〈パリヤ〉ホームデリボックス 5段(5人前〜) 7,560円_地下1階 惣菜売場
Profile
原 さやか/CLASSY.ONLINE編集室 編集室長:「CLASSY.ONLINE」のコンテンツやSNSを統括。ファッション・ビューティー・インテリアなど幅広いジャンルに精通。年末年始は自宅に自然と友達や仕事関係の仲間が集まり、ホームパーティーになることが多い。2人の女の子の母。
  • Brand

    ÉCHIRÉ Marché au Beurre〈エシレ・マルシェ オ ブール〉

  • Item

    Ice

ゆっくり時間をかけて
ディナーを楽しんだら
締めに絶品アイスを堪能
料理家谷尻直子
ホームパーティーでは「ホストのしごとは少なく、食事の時間は長く」を心がけているという谷尻さん。鍋料理なら具材を一気に投入せずに一品ずつの素材を楽しめるコースのように仕立てるなど、食べ方に工夫を加えてホストも参加できるようにしているそう。「食後のゆったりとした時間も楽しむために、締めのデザートは欠かせません」谷尻さんが選んだアイテムは、フランスの伝統発酵バター〈エシレ・マルシェ オ ブール〉のアイスクリーム。「バターミルクの風味の珍しいアイスクリームはしゃりっとした食感も楽しめます。ドライフルーツとの相性も良く、大人なら食後酒も進んでしまいそうな味わいです」 〈エシレ・マルシェ オ ブール〉エシレ グラス ブール(1個) 562円_地下2階 グロッサリー売場
Profile
谷尻直子/料理家:週に1回だけオープンする代々木上原の予約制レストラン「HITOTEMA」を主宰。“現代版のおふくろ料理”をコンセプトにした料理は、味はもちろん盛り付けも美しくクリエーターをはじめ食通たちに大人気。
  • Brand

    SORI YANAGI〈柳宗理〉

  • Item

    Cutlery

大切な人との時間を
より特別なものにしてくれる
洗練されたテーブルウェア
ファッションエディター塚田有紀子
  • Brand

    RIEDEL〈リーデル〉

  • Item

    Glass

夫の海外赴任に伴いアメリカで生活していた塚田さん。よくホームパーティーを行なっていたそう。選んだのは〈リーデル〉のワイングラス。「炭酸水やお水を入れても特別な気分を味わえる、特別なアイテム。 当時購入したグラスは今でも愛用中です。」また、塚田さんが次に狙っているのが〈柳宗理〉のカトラリー。「シャープで洗練されたデザインに惹かれて。取材で素敵なご自宅に行くとこのカトラリーを使っている方がとても多いんです。子どもたちも大人と同じカトラリーを使える年頃になったので、この時期に思い切って揃えたいと思っています」 〈柳宗理〉テーブルスプーン(18.3cm) 825円 テーブルフォーク(18.3cm) 825円 デザートナイフ(21cm) 1,100円_7階 キッチン&ダイニング
〈リーデル〉ファット・ア・マーノ シャンパン・ワイン・グラス(ピンク/H25cm 445ml) 11,000円_7階 リーデルブティック
Profile
塚田有紀子/エディター、ライター:「VERY」や「Marisol」のライターとして活躍しながら、ブランドのカタログのエディトリアルやライティングも手掛ける。主にファッション企画を担当し最新トレンドを熟知。8歳の男の子と7歳の女の子の母。
  • Brand

    SHOTOKU GLASS〈松徳硝子〉

  • Item

    Glass

シンプルなのに華がある
口当たりの薄いグラスが
飲み物をおいしくしてくれる
フードディレクター・ソムリエ川上ミホ
  • Brand

    Sghr〈スガハラ〉

  • Item

    Glass

例年、年末年始は家族や気心の知れた友人たちとリラックスした時間を過ごしているという川上さん。パーティーでは、旬の食材をたっぷり使ったお手製の鍋料理と合わせて、シンプルで美しい佇まいのグラスたちがテーブルに並ぶそう。「〈松徳硝子〉のうすはりのタンブラーは飲み物の色も美しく見せ、〈Sghr スガハラ〉のグラスはテーブルに華やかなアクセントを添えてくれます。どちらも口当たりの良い薄いグラスで、お酒に限らずどんな飲み物もおいしくいただけます。飲む人、飲まない人、こどもたちと、それぞれ違ったドリンクを楽しむパーティー時に大活躍してくれます」 〈松徳硝子〉うすはり 舞グラス (3点セット/オールドS:180ml 径6.5×H7.5cm、オールドM:300ml 径7.7×H9cm、オールドL:400ml 径8.7×H10cm) 7,700円_7階 キッチン&ダイニング
〈Sghr スガハラ〉フィフティーズ ロック グラス(カーボンブラック/径9×H8cm 300ml) 1,870円_キッチン&ダイニング
Profile
川上ミホ/フードディレクター・ソムリエ:雑誌「VERY」や「STORY」、「ELLE gourmet」などで活躍。自身のブランド「5 quinto」を立ち上げ、プライベートレストランやライフスタイルブランドも展開する。プライベートでは3歳の女の子のママ。
次回のテーマは「新年に新調したいアイテム」。業界のプロたちが新しい一年を気持ちよくスタートするために準備するというアイテムを紹介します。

LATEST FEATURE

  • 憧れのボディーに近づくトレーニングを始めよう

    FEATURE | 2020.3.19

    憧れのボディーに近づくトレーニングを始めよう

    少しずつ薄着になり、ボディーラインが気になる季節。気分を上げるカラーウェアと一緒に、この春こそ始めたいボディーメイキング。手軽に取り入れられるサプリの力も借りて、内側からもサポートを。自分の身体に向き合って、新しい季節の始まりをポジティブに迎えよう。

  • BE YOURSELF 01|ロギーケイ

    FEATURE | 2020.3.19

    BE YOURSELF 01|ロギーケイ

    様々な業界で活躍する方に、HANKYU MUSEがインタビューするBE YOURSELF。初回はファッションブランド<ロギーケイ>のデザイナー、興梠仁さんと興梠景子さんに、デザインや生地選びのこだわりや、サスティナビリティーについて伺いました。

  • カメラを持って春を探しに出掛けよう

    FEATURE | 2020.3.17

    カメラを持って春を探しに出掛けよう

    あたたかな日差しに誘われて、どこかへお出掛けしたくなる季節はもうすぐ。心躍るカラフルなカメラグッズで、フォトジェニックな春の思い出を残そう。