Fashion

「WABISABISM」ポップアップストア
かぶり心地にこだわった職人手作りの帽子

Fashion

2019.11.13




帽子職人・水沼輝之が木型製作からデザインまで、独自の技法により、帽子をひとつひとつ手仕事で作り上げるクラフトマンブランド「WABISABISM(ワビサビズム)」。伝統ある昔ながらの技術とチャレンジから生まれる最新の技術を組み合わせ、無駄なものを削ぎ落して作られる帽子は、かぶり心地にこだわった逸品。1階 帽子売場に、ポップアップストアが11月13日(水)から登場します。


「WABISABISM」ワッチキャップフォーム フェルトハット 38,500円

ワッチキャップ(ニット帽)の形をしたラビット100%のフェルトハットは、高級感のある、マットな質感。不規則な頭の歪みと折り返しのリブをリアルに表現した、ジェンダーフリーの帽子です。ポイントに「WABISABISM」エンブレムの真鍮チャームがサイドにあしらわれています。


「WABISABISM」リンクルキャップ 42,900円

ターバンとワッチとキャップがミックスしたようなユニークなデザイン。帽子全体にアシメトリーなシワが入り、さまざまな角度からの表情が楽しめます。型物の帽子なのに、まるでニットキャップをかぶっているかのように頭にフィットする、やさしいかぶり心地です。高級感のあるラビットファー素材で作られているので、きれいめな洋服にもカジュアルな洋服にも。


「WABISABISM」クラッシュハット 35,200円

何かの下敷きになって激しく潰れた帽子を広げてみると、意外にも新しいカタチとして再生。そのカタチを綿密に計算し、創り出された“クラッシュハット”。左耳側を下げるように傾けてかぶることでより美しいラインが出現します。


「hatfusion」金継ぎバスクベレー 13,200円

「ワビサビズム」のセカンドブランド「hatfusion(ハットフュージョン)」。割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、継ぎ目に金や銀、白金などの粉を蒔いて飾る、日本独自の修正法、“金継ぎ”。その継ぎ目を“景色”と称し、そのデザインを楽しむ趣きを落としこんだバスクベレー。高品質なオーストラリア ジロン地方で産出されるメリノ種の、生後6ヵ月以内に採取した仔羊の毛“エクストラファインメリノウール”を使用しています。



上質な素材を用い、メイド・イン・ジャパンにこだわった、アーティスティックな帽子たち。遊び心が感じられるクリエーションで、ひと味違ったおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。


「WABISABISM」ポップアップストア
◎11月13日(水)~19日(火)
◎1階 帽子売場

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook