Fashion

時計売場が6階にリニューアルオープン
「A.ランゲ & ゾーネ(A.LANGE & SÖHNE)」が新たに仲間入り

Fashion

2020.2.3

その美しさに、その華やかさに、そのセンスに、その技術に、そしてそのヒストリーに、心ときめく時計の数々。2月5日(水)、時計売場がフロアを移して6階にリニューアルオープン。「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」「オメガ(OMEGA)」「ジャガー・ルクルト(JAEGER-LECOULTRE)」「ブランパン(BLANCPAIN)」「ブレゲ(Breguet)」はブティックとなり、品揃えを充実。世界限定品など希少なコレクションも加わり、ますます魅力的に。さらに今回新たにオープンするのはドイツの高級時計ブランド「A.ランゲ & ゾーネ(A.LANGE & SÖHNE)」です。



半世紀の沈黙を破って復活したドイツ時計界に輝く至宝と称される「A.ランゲ&ゾーネ」。その歴史はザクセン王国の首都ドレスデン郊外に、宮廷時計師のもとで修業し、欧州各国で技術を修得したフェルディナント・アドルフ・ランゲが創業したことに始まります。クロノグラフ懐中時計や自動巻き懐中時計を開発するなど、その高い技術力で19~20世紀にかけてドイツ時計界の頂に君臨しました。ところが1939年に勃発した第2次世界大戦の戦火により工場は瓦礫と帰し、戦後は工場を東独政権によって強制的に国有化されてしまいます。しかし、1990年に東西ドイツが再統一されるやいなや、4代目ウォルター・ランゲを中心に「A.ランゲ&ゾーネ」を見事に再興。1994年発表の“ランゲ1”は、王宮時計の伝統を受け継ぐ荘厳な作りが絶賛され、数々の賞を獲得し、復活を色濃く印象付けました。近年は時計師の養成にも力を注いでおり、ドイツ最高峰の時計マニュファクチュールとして常に注目を集めています。


「A.ランゲ & ゾーネ」
リトル・ランゲ1(ホワイトゴールド、ケース径36.8mm)4,136,000円

今日の「A.ランゲ & ゾーネ」の発展の原動力になってきた“ランゲ1”のスモールバージョンとして親しまれてきた“リトル・ランゲ1”に、2015年開発の新キャリバーを塔載したモデル。ギョーシェ装飾を施したゴールドの無垢製ダイヤルとアリゲーターベルトを、洗練されたワントーンで組み合わせています。


「A.ランゲ & ゾーネ」
ランゲ 1(ピンクゴールド、ケース径38.5mm)3,982,000円

1994年、「A.ランゲ & ゾーネ」の復興初コレクション発表会以来、ブランドの象徴となっているモデル“ランゲ1”。アウトサイズデイト表示と、視認性抜群のパワーリザーブ表示を配した、オフセンターデザインのダイヤルの下には、新型の手巻きムーブメントが納められています。そのキャリバー“L121.1”は、25年の歳月をかけて培った経験に基づいて開発され、ブランドの技術が進化し続けていることを示すものです。


「A.ランゲ & ゾーネ」
ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー(ホワイトゴールド、ケース径41.9mm)38,643,000円

“ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー”は、マニュファクチュールとしての長い歴史を誇る「A.ランゲ & ゾーネ」の代表モデル“ランゲ1”に、二つの伝統的な複雑機構を搭載したモデル。カレンダーを構成するのは、ランゲ・アウトサイズデイト、レトログラード式曜日表示、ダイヤルを取り囲む月次リング、そして、うるう年表示です。時刻表示と日付表示をそれぞれ独立させたことにより、すべての情報をひと目で把握できるダイヤルデザインになっています。

「A.ランゲ & ゾーネ」
サクソニア(ホワイトゴールド、マザーオブパール、ケース径35mm)2,112,000円

「A.ランゲ & ゾーネ」の“サクソニア”という名前には、実直で潔いデザインと時計技法の粋を凝集した機構の融合という意味が込められています。奥ゆかしさに満ちたマザーオブパール勢ダイヤルと、微に入り細を穿ってつくり上げた自社製キャリバーを備えた“サクソニア”の新作は、本質的な価値観を追求した成果です。シルバー無垢製のベースに透き通るような薄いマザーオブパールを重ねたホワイトのダイヤルは、ほのかな虹色に輝いています。ゴールド無垢製の細身の針とバーインデックスがしとやかさを醸し出し、ホワイトのアリゲーターベルトが優雅さを一層際立たせます。



売場の中央には、新たなウォッチメンテナンスコーナーとして“メンテナンス工房”を開設。精密機器での診断によって的確なリペアを探り出し、ポリシングやオーバーホールを提供します。工房は約5坪。ガラス張りの部分からは技術者の作業工程や普段見られない時計の構造を見ることができます。
さらに2月19日(水)には、「ロレックス(ROLEX)」のリニューアルオープンをひかえます。

新たに生まれ変わった時計売場でそれぞれのブランドの世界観を堪能しながら、お気に入りの一品をみつけてみてはいかがでしょうか。



時計売場が6階にリニューアルオープン
◎2月5日(水)~
◎6階 時計売場

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook