Special Edition

ファッションは私自身!
2020年冬・おしゃれスナップ前編
─フィレンツェ、ミラノから

Special Edition

2020.1.28

1月に開催された、冬のフィレンツェ、ミラノ、そしてパリのメンズファッションウィークを訪れた女性たちのスナップレポート。前編と後編に分けてお届けします。ピックアップしたのは、展示会やショー会場で目を引いたキャメルカラーと白の着こなし、そしてトレンドを感じる赤と緑の着こなしです。メンズウィークならではの、どこかマニッシュな雰囲気が漂うスタイリングも多く、個性が光るコーディネートが目を引きました。


冬も白を極めた着こなしで




2019.7.16配信のフィレンツェ・スナップ※にも登場いただいたご夫婦。前回は夏の白、そして今回は冬のオールホワイトの着こなしを披露。プリーツスカートにボリュームたっぷりのファーマフラー、マスキュリンさを感じさせるハット。そしてトップは意外にもゆったりしたスエット素材で全体をほどよくカジュアルな雰囲気にまとめ、こげ茶のブーツが引き締め役に。男性は冬仕様のケープでキリリと決まっています。(フィレンツェ)

※2019.7.16配信のフィレンツェ・スナップはこちらから


大胆なスタイリングにも大人の感性が



左の女性は難易度の高いジョッパーズを取り入れたスタイリング。各アイテムは個性が強いですが、キャメル〜ブラウンの同系色でしっくりした大人の着こなしに。オレンジもいい差し色になっています。右の女性のキャメルのコートは、肩から胸にかけて大きなプリーツが入ったデザイン。それを黒と白でシンプルにコーディネート。ネックウォーマーと流行の厚底ブーツも取り入れてマニッシュでモダンな着こなしに。(ミラノ)


色と素材感のバランスが絶妙



レザー風のジャンプスーツに、ビンテージ感のあるゆったりシルエットのコートの組み合わせ。そこにトレンドを感じるエナメルのバケツハットと厚底のブーツ。個性を感じるハイセンスなスタイリングです。(フィレンツェ)


赤の花柄スーツをシャープに着こなす



華やかな赤×白の花柄スーツを着こなしていたこの女性。スーツ以外は黒でシンプルにコーディネートしていますが、靴が白黒のスリングバックだったり、コートも赤い意匠が施された個性的なアイテムを選ぶなど、シャープに着こなしています。(フィレンツェ)


光沢あるグリーンのコートに注目



先出の花柄スーツの彼女とミラノでも遭遇。グリーンのサテンコートが華やかな印象。光沢アイテムにスエードブーツのコンビネーションが意外にマッチしています。マルチカラーのボーダートップにカラフルなピアス、ショートヘアにパールのヘアクリップで、上品な中に可愛さも感じさせます。(ミラノ)


緑、赤、青。鮮やかな色が旬



左の女性は緑と赤を基調としたキルティングのジャケットに、赤のドットのスカート、そしてマルジェラのバッグ。個性の強いアイテム同士の組合せも、 白とグレーの配分が多めで軽やかにまとまっています。右の女性は緑と青が鮮やかなコーディネート。インナーは茶色のタートルネックにチェックのベスト、そしてローファーを持ってきて派手なだけに見えそうなスタイリングを大人っぽくまとめています。(ミラノ)


洗練された知的コーディネート



チャコールグレーのスーツにダークグリーンのコート、キャメルのタートルネック。全体の色合いがとてもシックで洗練されています。一見クラシックなスタイリングに、ブラウンと緑のコンビの厚底ブーツを持ってきたところに彼女の個性が感じられます。(ミラノ)


自由で楽しげな柄×柄の着こなし



可愛らしい小花柄のセットアップは一見甘くなりそうに感じますが、ジャケットはダウン仕様なのでカジュアルな雰囲気に。同色系の柄のセーターと黒のミリタリー調のブーツで甘さを回避。すっきりとまとめた柄×柄のコーディネートが目を引いていました。(フィレンツェ)


自分を知り尽くした人のおしゃれ



一見クラシックに見えるベージュのコートですが、よく見ると切り替えのデザインや大きなポケット、袖のボリュームなどが個性的な一点です。インナーは黒でシンプルにまとめ、靴で華やかさをプラス。スッキリ上げたヘアも、まくった袖も彼女の雰囲気にとても合っています。(ミラノ)


→後編「パリからのおしゃれスナップ」は、こちらから!
 2月4日(火)10:00公開

撮影:藤原 悠/Yu Fujiwara
ロンドン在住フォトグラファー。英国のファッション雑誌『DAZED & CONFUSED』やNY Timesの『T-Magazine』など英国内外で活躍中。ロンドン、パリ、フィレンツェ、ニューヨークのファッションウィークのストリートファッションを撮り続け、ドキュメンタリーな写真に定評がある。インスタグラムにて写真を公開中。

テキスト:カリナ田邉ジョーンズ/Karina Tanabe Jones
ロンドン在住スタイリスト&ライター。歴史やアート、日常の光景などからインスピレーションを得たスタイルを得意とする。イタリアや日本の『VOGUE』ほか、海外誌を中心にオリジナリティーのあるスタイリングを発表している。


過去の海外ファッションスナップ記事はこちらから


新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook