ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

東日本大震災 復興支援プロジェクト
「NEVER FORGET 東北」
「笑顔でつなぐ」チャリティーイベント[俳優たち自らが撮影した絵画展]など開催


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/1/6
  •  
  •   mixiチェック

2011年3月11日に発生した大地震により未曽有の被害を受けた東北地方。心に深い悲しみをかかえながら、いまなお復興に向けて頑張っている人たち。親を亡くし、厳しい現実に直面しているたくさんのこどもたち。
「NEVER FORGET 東北」は俳優、柴俊夫氏のよびかけにより、有志の俳優仲間や著名人たちの協力のもと、2011年6月に結成された復興支援プロジェクト。震災の記憶を風化させず、被災地の人々やこどもたちを支援するべく、全国各地で精力的にチャリティーイベントを行っています。
ただいま阪急うめだ本店 9階「祝祭広場」では「俳優たち自らが撮影した絵画展」など“笑顔でつなぐ”チャリティーイベントが開催されています。

祝祭広場に駆けつけてくださった「NEVER FORGET 東北」プロジェクト代表 柴俊夫さん

「俳優たち自らが撮影した絵画展」は、約100人の著名人たちがボランティアで協力し、被災地への思いを込めて自ら撮影したポートレートなどを寄贈いただき、それらを絵画風にデジタル変換した作品展。絵画作品を寄付いただいた方に贈呈します。ご寄付金額は各15,000円。寄付金はこどもたちのケアハウス「東北レインボーハウス」建設へ全額寄付いたします。

柴俊夫撮影―中村雅俊


柴田俊夫撮影―佐々木主浩

本イベントにご協力いただいた有志の方々
渡辺裕之、原日出子、若村麻由美、名取裕子、萬田久子、佐藤浩市、石田純一、小堺一機、岸部一徳、飯島直子、神津はづき、水谷豊、多岐川裕美、高畑淳子、石丸幹二、陣内孝則 その他多数(順不同 敬称略)

そのほか、祝祭広場では、「トビー・マーシャル写真展」、「渡辺貞夫写真展」、「写真のチカラ」、「子どもたちの心の音―被災地より―」も併せて開催。

トビー・マーシャル写真展


渡辺貞夫写真展「MBALI AFRICA」


「写真のチカラ」


「子どもたちの心の音 ― 被災地より―」

「東北レインボーハウス」は、非営利団体「あしなが育英会」が東日本大震災の遺児たちのために仙台に建設予定のケアハウスです。100~200名の宿泊機能を備え、集いや触れ合い、スポーツ、アート、音楽などさまざまな癒しのプログラム・ファシリティを通して、遺児たちの心のケアを長期的、継続的に行います。
親を失ったこどもたちにケアハウスを届けるために、多くの方々からの力強いお力添えをお願いいたします。

■「NEVER FORGET 東北」
 [俳優たち自らが撮影した絵画展]その他「笑顔でつなぐ」チャリティーイベント
 ◎阪急うめだ本店 9階 「祝祭広場」
 ◎2013年1月7日(月)まで
 1月6日(日)午後8時まで 1月7日(月)午前10時~午後6時
 ◎主催:「NEVER FORGET 東北」プロジェクト

 ◆柴俊夫さんプロデュース 劇・ライブ
 ◎2013年1月6日(日) 午後2時から/午後4時から (各回約40分)
  島岡安芸和さん作・構成・朗読、花坂美里さんの歌など。
  
 ◆トークショー「子どもたちの心の音」
 ◎2013年1月7日(月) 午後2時から (約50分)
 女優・タレントの秋野暢子さんとDJ・書家の矢野きよ実さんによる被災地支援を通じてこどもたちの心の音を伝えるトークショー。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る