ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

『北海道物産大会』岩見沢「こぶ志窯」
北海道の海や空を思わせるブルーの陶


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2017/4/11
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


海鼠釉 マグカップ 2,376円

阪急うめだ本店の人気催事、「北海道物産大会」が4月12日(水)からスタート!
祝祭広場では北海道の雄大な自然と手仕事から生まれる工芸品が紹介されます。
中でも注目は、初出店「「こぶ志窯(こぶしがま)」の青い陶器。


海鼠釉 深魚皿 2,808円

北海道岩見沢市でつくられる「こぶ志窯」は、初代「三秋(みあき)」が開窯。
北国に春の到来を告げる辛夷(こぶし)が初窯を焚いた時に咲いていたことが窯名の由来です。


海鼠釉 こぶ志花皿 1,620円

こぶ志窯の礎となった、海鼠釉(なまこゆう)は海生生物のナマコの地肌を思わせることから、そう呼ばれるのだとか。
釉の流動によって複雑な斑紋や流文が現れ、オパール現象による青白いグラデーションが際立ちます。



道内の素材を活用し制作される器は、北海道の海や空を思わせるブルー。
さわやかな青い器で食卓を美しく彩ってみてはいかがでしょうか。

■北海道物産大会
◎4月12日(水)~17日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
※催場は18日(火)まで
※催し最終日は午後6時終了


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/11/17更新)