阪急メンズ大阪BLOG

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

FUNDAMENTAL AGREEMENT LUXURY(ファンダメンタル アグリーメント ラグジュアリー)-生地・縫製編-【スティルアッシュ】

  • 更新日: 2013/5/12
  •  
  •   mixiチェック

◎5月15日(水)~5月21日(火)  
◎地下1階 スティルアッシュ

今回は5月15日(水)からスティルッシュで期間限定で展開する『FUNDAMENTAL AGREEMENT LUXURY』についてご紹介いたします。こだわりのつまったブランドです。今回は生地・縫製についてお話したいと思います!

画像1
■生地
 
昔ながらの製法で、希少性の高い生地の企画を得意とする、岡山の老舗生地メーカーとの強力なタッグにより、選りすぐりの生地を生産しています。
 
旧式の織機を使って作られるデニム生地は、新型のそれに比べ、色落ちの際の表情が豊かになります。
 
いわゆる「赤ミミ」「セルビッジ」と呼ばれる生地ですが、ムラ感のあるタテ落ちが特徴的です。
 
生産量が限られるため、新型の織機を使う場合に比べ高価な生地となります。
 
ちなみに、旧式の織機は丸1日技術者さんがつきっきりで作業しなくてはならないうえ、1日でデニム16本分の生地しか作れません!
 
新型のものは、1日あれば無人で数十倍から数百倍のデニムが作れるのとは大きな違いですね。
 
FDMTLでは、そんな表情豊かな生地の中から、型ごとに異なる生地をチョイスしてデニムを作っています。
 

画像2
■縫製
 
ヴィンテージに忠実な、昔ながらの縫製を再現するファクトリーと、高級メゾンの縫製も手がける、最新鋭のマシンを導入しているファクトリーの2社に、縫製を依頼しています。
 
ヴィンテージの縫製は部位によって斜行してしまったり(ミシンの性能の問題です)、綿糸を使うため長く着用し洗濯を繰り返すと糸が切れたり、洗うと縮んでしまったり。
 
絶番品の希少なミシンで行う縫製は、現在ではなかなか再現できない独特の味わいをプラスしてくれます。
 
一方最新鋭のミシンを導入しているファクトリーでの縫製は、とてもきれいで正確な仕上がりになります。
 
糸自体も、ポリエステルの繊維のまわりに綿糸を撚ったものを使用するため、強度が非常に強く縮みも起こりにくいのが特徴です。
 
この2社による縫製も、型ごとにどちらかを選んで生産されています。




次回は、デザイン/パターン・加工方法についてお話したいと思いますのでぜひチェックしてください!

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る