阪急メンズ大阪BLOG

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

「WOOLRICH」(ウールリッチ)ポップアップショップ
【11月19日(火)まで】

  • 更新日: 2013/11/14
  •  
  •   mixiチェック

◎11月19日(火)まで
◎1階 特設スペース

人気のアークティックパーカをはじめ、現在でも世界中で愛され続けているアメリカブランド「WOOLRICH」。
今年も、期間限定でポップアップショップを開催します。【11月19日(火)まで】

画像1
180年を超える歴史を持つアメリカのアウトドアブランド「WOOLRICH」。
その歴史は、1830年にイギリス移民のジョン・リッチ2世が、ペンシルバニア州プラムランにアメリカ初のウーレン・ミルズ(毛織工場)を建設したのが始まりです。

当初は野営地を転々としながら馬車で生地を売り歩いていましたが、やがてソックスやひざ掛けなどの自社製品を開発し、次第に評判を得るようになります。
南北戦争中は、北軍のためにブランケットを製造、その後ハンター用ジャケットやパンツなどの多くの新製品を生み出していきました。
さらに、第二次世界大戦が莫大な需要をWOOLRICHの工場にもたらし、やがてアメリカ社会において”原料(羊毛)から製品までの一貫生産を行える、最も信頼ある会社”として名を広めました。
また、アメリカンカジュアルを代表するチェック柄といえば、赤×黒のバッファローチェックですが、ハンティングの際にハンター同士の誤射を防ぐために、WOOLRICHによって開発されたこのチェック柄は、現在もブランドのアイコンとして親しまれています。




画像2
1970年代、アラスカからアメリカへの天然ガスパイプラインを引く際の作業着として開発された極寒地用ワークウエアであるアークティックパーカ。この歴史的パーカが、イタリア名門サッカーチームA.C.ミランのベンチウォーマーに採用された事から瞬く間に、爆発的なヒット商品となりました。
アークティックパーカは誕生以来30年以上経った今日も、ウールリッチのアイコンとして、現在も多くのファンを魅了し続けています。



画像3
2012AWシーズンに、体にフィットする立体的なパターンを採用し、磨きをかけた「New Arctic Parka」(ニューアークティックパーカ)は、絶大な人気を博しました。
オン&オフ、どちらのシーンにも活躍するダウンジャケットです。
今季、更にバリエーションが広がり、グリーン・ブルー・ブラウンの新色3色が登場。
ポップアップショップ開催中は、上の写真の8色展開です。

「アークティックパーカ」
各 90,000円

画像4
その人気のアークティックパーカに、「リモンタ」社の高密度ナイロンを使用したカモフラージュ柄(写真 右)や、「ロロ・ピアーナ」のウール素材「ストームシステム・ファブリック」製の生地のパーカ(写真 左)も登場。

左 177,450円
右 119,700円

画像5
今もペンシルバニアの自社工場で作り続けているブランケット(写真 上)や、ウール素材のジャケットやパーカー(写真 下)、帽子やサックなど幅広いアイテムを展開しております。

ぜひ、この機会に「ウールリッチ」の世界をご堪能くださいませ。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る