阪急メンズ大阪BLOG

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

浴衣でイベントやお祭りにでかけよう~浴衣の着付け&帯結び~着付け編~【5階 クールカジュアルスタイル】

  • 更新日: 2016/7/31
  •  
  •   mixiチェック

◎5階 クールカジュアルスタイル
浴衣で夏祭りやイベントに出掛けようと考えていても、
着用方法がわからない、もしくは忘れてしまったという方も多いと思います。

今回のブログでは、浴衣の着付け&帯結びについて2回に分けてご案内いたします。
前半は“着付け”方法をご案内。

浴衣(左)に腰紐(中)と帯(右)を用意いたします。

1.まず浴衣を羽織り、左右の衿先からおよそ10cm前で左右の長さが揃うよう合わせます。裾も同じく長さを揃えると綺麗です。

2.右手側を左腰側に持っていき巻きつけます。左手側をかぶせ、右の腰側へ巻き右手で押さえておきます。

3.次に腰ひもを腰骨の位置で前から後ろにまわし、前からぐるぐると体に巻きつけます。写真のように腰紐の長さを残します。

4.ほどよく巻きつけ腰紐を引き締めたら蝶結びで止めます。余った部分は腰紐に挟んでおきます。着付けはこれで完了です。 腰紐をしっかり留め置くと浴衣が崩れにくくなります。

出来上がり後のチェックポイントです。
①襟がだぶついていないか?
②腰紐は腰骨の高さにあるか?
③裾の長さは短すぎず長すぎず、バランスよく揃っているか?

いかがですか?意外に簡単にできそうですよね。
是非一度お試しください。

こちら↓では帯結び、角帯を使う「男結び」をご案内いたします。
▼浴衣でイベントやお祭りにでかけよう~浴衣の着付け&帯結び~帯結び編~
こちらも浴衣情報です↓
▼いよいよ本番!夏祭りや花火大会、盆踊り大会に浴衣が大活躍

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る