Men's Accessories メンズアクセサリーズブログ

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

ビスポークオーダー会開催中!「マーキス」の“川口 昭司氏”にインタビュー【1階 紳士靴】

  • 更新日: 2014/4/26
  •  
  •   mixiチェック

◎1階 紳士靴

流行の移り変わりが速い今の時代でも“1年かけてオーダーしたい靴”。それは、川口 昭司氏の手がけるビスポーク(フルオーダー)シューズブランド、「Marquess(マーキス)」です。

阪急メンズ大阪 1階 紳士靴では、4月26日(土)・27日(日)の2日間限定で「マーキス」ビスポークオーダー会を開催。お客様の途切れたほんの短い時間ではありましたが、川口さんにお話しを伺うことができたのでご紹介します。

――靴に携わるきっかけは?
ファッションについて興味がありました。作り手の側から見ると靴は独りで製作のほとんどを完結できます。そこに惹かれたんだと思います。

――では、なぜ英国靴だったのでしょうか?
大学も英文科で、英語についてももっと勉強したいという思いがあったからです。そのおかげで、英国靴の伝統に感銘することができました。

靴職業訓練学校の横には「Shoe Museum(靴の博物館)」があり、100年前の靴も保管されています。便利な道具のない、すべてがハンドメイドという時代に作られた靴ですが、1足に注がれる美しさの追求や、つくりの丁寧さを間近で見ることができ、本当に感動しました。
そのため、作るときは“完成されているもの”の美しさを意識しています。


――ビスポークシューズは敷居が高そうなイメージですが、なぜこれほど多くの方に支持されていると思いますか?
わたし自身、ビスポークシューズは高価なものだという認識があります。それでもなお、マーキスの靴にはそれ以上の価値があると自負しています。それを心から靴が好きな方たちが認めてくださり、さらに想いが伝わっているからではないかと思っています。

――阪急メンズ大阪の印象は?
ディスプレーされている靴が、本当にきれいです。スタッフの方が靴を大切に扱っていることが伝わってきます。負けてはいけないと、慌てて自分の持ってきたサンプルシューズを磨いたところです。(磨き終わったので)今、少しホッとしています。


川口さんの語る言葉一つひとつと同じように、その誠実さが伝わってくるマーキスの靴。もちろん今回も、紳士靴のバイヤー 芝崎が駆けつけ、その良さを誠実に語ってくれました。

芝崎「通常“靴が馴染む”とは、体重による中底の沈みによって形が足に添ってくる感覚です。しかし、マーキスの靴はアッパーの革のやわらかさによる足馴染みも加わります。使っている革が、本当にやわらかく上質なものだからこそ感じられることなんです。これほどレベルの高い方と携わることができて、本当に光栄です。」



『マーキス』ビスポークオーダー会

日程:4月26日(土)、27日(日)
木型:削り出しにて製作
製法:ハンドソーンウェルテッド製法
アッパーの素材:約25種類
アウトソール:英ベーカー社製、オークバークレザー
オーダー価格:343,440円~


【紳士靴 関連記事リンク】
▼「シューズフェア 2014S/S ファイナルスケジュール」

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る