Men's Accessories メンズアクセサリーズブログ

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

【紳士靴】「ディ コレッティ」のジャコモ・コレッティ氏と日本人デザイナー若林正裕氏がイタリアより来店

  • 更新日: 2014/10/19
  •  
  •   mixiチェック

◎10月19日(日)・20日(月)・21日(火)
◎1階 紳士靴

革の品質と技術力に高い評価のある「ディ コレッティ」。イタリアンシューズのクラシックな型に、日本人デザイナー若林正裕さんの感性が加わり、ほかにはないデザインで人気を集めています。



『シューズ&バッグフェア』のイベントのひとつである「ディ コレッティ」パターンオーダー会は、10月19日(日)~21日(火)の3日間。初日の19日(日)は、工場責任者のジャコモ・コレッティさんとイタリアに在住する日本人デザイナー若林正裕さんが来店しました。



若林さんが「ディ コレッティ」のデザイナーになったきっかけなどをお伺いすることができた春のパターンオーダー会から半年。今回は、イタリアで共同経営するジャコモさんも交えてお話しをお伺いしました。



まずはジャコモさんへ。
――若林さんと出会ったときの印象は?

“シンパシー”を感じました。デザイナーには、靴のことを知らない人もいますが、靴のことをよく知っているデザイナーだなと感じたからだと思います。

――若林さんのデザイナーとしての魅力はなんですか?

クリエイティブなところです。こうやって一緒にお客様と接すると特に思いますが、お客様のことをしっかり見ることができて、オリジナリティな作品が仕上がっていくところが素晴らしいと思います。



――ジャコモさんが靴づくりで大切にしていることはなんですか?

工程に敬意を払って靴づくりを続けていきたいと思います。長く続けたからといって、事務的ではなく気持ちを持ってモノづくりをすることを大切にしています。

例えば、靴ができ上がっても1週間は木型に入れています。すぐ木型から抜くのではなく、時間をかけることで人の足の形により近くなり、型くずれのしにくい靴になるのです。そうすることで、3ヶ月後、1年後と履きこなしたときに足馴染みなどに差が出てきます。

――これからのディコレッティは?

父からいろいろなことを譲り受けました。それをさらに次の代へと授けていきたいと思っています。孫ができたら、靴づくりは任せてゆっくり海に行きたいです。


次に若林さんへ。
――ジャコモさんと出会ったときの印象は?

友人の紹介で2005年に「ディ コレッティ」の工場を訪ねました。当時彼は20歳でしたが、とても紳士的で気配りができ、一般的なイタリア人の気質とは少し違う何かを感じました。若いのにしっかりしてるな、と思いました。

――ジャコモさんの靴職人としての魅力はなんですか?

勉強熱心なところや、いろんなことを受け入れる心の広さや余裕があるところです。わたしも含め「ディ コレッティ」の靴の制作に携わる人は、靴づくりのすべての工程ができるので、フィールドを同じくして仕事をできるんですが、日本人のわたしをデザイナーとして受け入れてくれたように、本質をきちんと見てくれます。



――若林さんが靴づくりで大切にしていることはなんですか?

お客様はもちろんですが、彼ら(ジャコモさんたち)の意見や、「ディ コレッティ」の靴を販売してくれるスタッフの皆さんの意見も大切にしています。

――これからのディコレッティは?
わたしが出向くパターンオーダー会では、お客様の要望に合わせてデザインの調整もしていてい、オリジナルシューズを作ることも可能です。
今は、これまでに集まった意見を集約して、また新しい靴づくりへの準備を始めています。そのために、アンティークの本を買ってきてはそれを見ながらみんなでディスカッションしたりしています。単なるパターンオーダー会ではなく、何かもっと新しいことを加えたオーダー会ができたらいいなと思っています。



本を読むのが好きだというお二人。今はジャコモさんが日本の歴史の本を、若林さんがローマ帝国の本を読んでいるのだそう。リラックスした雰囲気でいろんなお話が聞けたのは、兄貴的存在感を醸し出す紳士靴のバイヤー 芝崎が見守っていたからでしょうか。今回は、靴が大好きだというバッグ・革小物のバイヤー 平木も参戦し、記念に一枚。
バイヤーならではの話しがおもしろい「MEN'S Bar」ブログでは、平木が芝崎に勧められて購入した靴も紹介しています。
▼「MEN'S Bar」ブログ

小学生の頃から一緒に靴づくりをしているお嬢様の応援によって、15kgの減量に成功した若林さん。取材後、改めて半年前の写真と見比べて驚愕したのは言うまでもありません。
【前回のインタビュー記事】
▼「ディ コレッティ」のデザイナー若林 正裕氏が来店!


「ディコレッティ」パターンオーダー会
価格:68,040円から
納期:2015年4月頃予定
場所:1階 紳士靴


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る