ザ・ロビーブログ

  • 阪急メンズ大阪ブログ
  • メンズアクセサリーズブログ
  • ビューティー&リラクシング
  • インターナショナルスタイル ブログ
  • ガラージュブログ
  • 気になるショップの最新ニュース スタッフブログ
  • 「スタイルメイキング クラブ」 会員募集
  • 「スタイルメイキング クラブ」ブログ
  • メールアドレス登録・変更
  • 阪急メンズ大阪 マイレージカードのご案内
  • メンズコスメ MEN'S BEAUTY 阪急オンラインショッピング
  • ブライダルインフォメーション for Men
  • レストラン
  • レストラン&カフェ・バー ナビオ ダイニング

『シャツはINする?それともOUT?』

  • 更新日: 2017/7/25
  •  
  •   mixiチェック

シャツのすそをパンツに入れた方が良いのか、出して着た方が良いのか悩まれたことはないでしょうか?
そこで今回は、シャツの着こなし方についてご紹介したいと思います。

まず、着丈の長さがポイント。
着丈が長いものは、パンツに入れてもすそが出にくいように作られています。
スーツの下に着用するワイシャツをイメージするとわかりやすいですね。
そのようなタイプは、外に出して着てみると、すそが長すぎて全体のバランスが悪くなってしまいます。
写真のように、カジュアルシャツでも着丈が長いものがあります。
このように、お尻がすっぽりと隠れてしまうような着丈でしたらパンツに入れて着た方が良いです。

横から見たときにサイドポケット下の部分、ちょうど足の付け根あたりの着丈がジャストサイズです。
それ以上長くなると足が短く見えがち。
脚長効果を出すなら、ジャストサイズで着るのが◎です。

正面から見るとこちら。
すっきりとした印象ですね。
着丈の次に、着こなすスタイルによってもパンツに入れるか出すか変わります。
きれい目なスタイルやドレス感を出したい時は、INしてみてください。
逆にカジュアル感を出したい時は、OUTすると良いですね。
ジャケットを着る場合は、INをした方がバランスが良いと思います。

シャツの着丈が短すぎてヒップが見えたり、きつ過ぎるのも良くないですね。
これからは、全体バランスをみながらシャツを着こなしてみませんか?

ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。

スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>

▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る