HANKYU.MODE

NEWS-HANKYU NEWS

FRANCE FAIR 2017

華麗なヴェルサイユ、美しきロワール地方をクローズアップ

2017.3.7

HANKYU NEWS

フランスフェア2017
3/8(水)~14(火)
9階催場・祝祭広場 ※催し最終日は午後6時終了
※一部フランス以外の国で生産または他国の原材料を使用した商品もございます。
※洋菓子などのサイズは目安です。

今回は、100を超える古城が魅力的なロワール地方と、華麗なる宮廷文化が花開いたヴェルサイユをクローズアップ。
ロワール地方ナントでガレットといえば「ケル・ブレッツ」。ルイ13世の妻アンヌ王妃が気に入って宮廷料理にしたことから、今では国民食として親しまれているガレット。シェフのジャン・パティストが、祖母が作っていたという昔ながらのレシピを再現して人気に。りんごの発泡酒シードルと一緒に楽しみたい。期間中、オーナーシェフ ジャン・バティスト・ステファンが来店。
「ケル・ブレッツ」左)ガレット サンジャックセット(サラダ、シードルまたはコーヒー付き)1,998円、右)クレープポムセット(アイスクリーム添え、コーヒー付き)1,350円 ◎9階催場
タルトタタン協会が推奨する、伝統の味を守るパティシエールの店「メゾン・フキオ・フリゾ」が登場。キャラメリゼしたトロトロのりんごはちょっぴりビターで大人の味わい。期間中、オーナー パティシエール マガリ・フリゾ夫妻来店。
「メゾン・フキオ・フリゾ」タルトタタン(直径9cm、1個)864円 ◎9階催場
ナント在住の女性イラストレーターが描くキュートな雑貨が登場。期間中、イラストレーター マリオン・ギレール来店。
「リリドール」スマートフォンケース(iPhone6・6S・7用) 3,219円、ポーチ 2,376円など
ヴェルサイユ宮殿の傍らにある“王の菜園”で育てられたりんごとバラを使ったフレーバーティーが登場。マリー・アントワネットが愛したと言われる優雅な香りのティーで、宮廷気分を楽しみたい。3/8(水)~10(金)には、マネージャー カミュ・ジョスランが来店。
右)「ニナス」紅茶“マリー・アントワネットティー”(ローズ・リンゴ フレーバー、100g)2,592円、ティーカップ&ソーサーセット(2客)4,320円 ◎9階祝祭広場
左)9階「カフェルパン」には、「ニナス」ティーサロンが登場。リンゴの風味豊かなマリー・アントワネットケーキをご用意。
マリー・アントワネット アフタヌーンティーセット(マリー・アントワネットケーキ、紅茶)1,500円  ◎9階「カフェルパン」
ヴェルサイユ市内にあるビスケット店「ラ・ヴァレンヌ」。オーナーで歴史学者のル・コルニックがルイ14世おかかえのパティシエのレシピを解読し、再現。期間中、オーナー リディア・ル・コルニック来店。
「ラ・ヴァレンヌ」ビスケット(量り売り、100gあたり)1,080円 ◎9階 祝祭広場
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック