HANKYU.MODE

NEWS-HANKYU NEWS

TAMAKI ONE ORDINARY SUNDAY

TAMAKI ONE ORDINARY SUNDAY

2018.9.10

HANKYU NEWS

TAMAKI ONE ORDINARY SUNDAY
HANKYU MODE2018-19秋冬シーズンビジュアルは、漫画家、イラストレーターとして活躍するジョージ朝倉が、“GET DREAMY”をテーマに特別に描き下したもの。ファッション大好きなアクティブガール“TAMAKI”の、とある日曜日を描いた7ページのストーリーから構成されている。シーンによって異なる7つのコーディネートそれぞれに、今季らしいスタイリングのヒントが隠されている。
9/12(水)~24(月)の期間中、1階コンコースウインドーで展開されるYAMAKI- ONE ORDINARY SUNDAYのビジュアル、は必見。
コーディネートはこちらをチェック!
のんびり目を覚まして洋服を選び、念入りにメイクアップ。阪急うめだ本店に出かけ、スイーツを食べたら・・・
3Fで思う存分ショッピングをエンジョイ。大好きな食事でディナーを済ませ、来週の予定をチェック。帰宅後はくつろいだ格好で寝るまでの時間を満喫。
ジョージ朝倉
1974年生まれの漫画家。1995年『パンキー・ケージ・ジャンキー』が「別冊フレンド」(講談社)に掲載されデビュー。2005年にオムニバス集『恋文日和』が講談社漫画賞少女部門を受賞する。2003年から、「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載された『ピースオブケイク』は20代女性の切ない恋模様を描き、多くの2~30代女性の支持を集めた。2004年から「別冊フレンド」(講談社)にて連載された『溺れるナイフ』は10代の剥き出しの刃物のような青春の情景を多彩に描き、全17巻と最長連載となる。2015年から現在まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で男子クラッシックバレエダンサーが題材の『ダンス・ダンス・ダンスール』を連載中。繊細な心情表現とそのファッション性の高い画力でファンを魅了し、いくつもの作品が映画やドラマ化されている。
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック