HANKYU.MODE

NEWS-OTHER NEWS

THE WORK OF WALTER CRANE:BOOK DESIGN AND ILLUSTRATION

絵本はここから始まったー ウォルター・クレインの本の仕事

2017.2.20

OTHER NEWS

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、19世紀後半に英国で活躍し、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家。本展は、本の仕事を中心に、クレインの芸術を本格的に紹介する日本で初めての展覧会で、クレインのほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅する約140点の作品を展観する。またクレインとともに絵本の黄金時代を築いた画家グリーナウェイとコールデコットの作品約40点もあわせて展示。ヴィクトリア朝の英国で華麗な花を咲かせた、それら挿絵本の世界も見どころの一つ。

会場:滋賀県立近代美術館(滋賀県大津市瀬田南大萱町1740−1)
会期:3/26(日)まで
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日 *ただし3/20(月・祝)は開館、翌21(火)は閉館
観覧料:一般1000円、大学・高校生650円、中・小学生450円
http://www.shiga-kinbi.jp/

ウォルター・クレイン(絵)『眠り姫』1876年 個人蔵
ウォルター・クレイン(絵)『幼子のオペラ』より「桑の木をまわろう」1887年 中央大学図書館蔵
ウォルター・クレイン(絵・詩)『フローラの饗宴』1889年 個人蔵
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック