HANKYU.MODE

NEWS-OTHER NEWS

RYAN GANDER -THESE WINGS AREN'T FOR FLYING

ライアン・ガンダー -この翼は飛ぶためのものではない

2017.6.4

OTHER NEWS

1976年イギリスに生まれ、母国とオランダで美術を学び、2000年代初頭から世界各地で個展を開催するとともに、ドクメンタなど著名な展覧会にも参加してきたライアン・ガンダー。作品にまつわる思考をも重視し、鑑賞者の想像力を活性化させ、新たな思考回路を生み出し、物事の認識を拡張する。コンセプチュアル・アートの新しい旗手と目されるガンダーの重要作と新作約60点を展示。タイトルが謎めいているように、この展覧会は未知の世界へ誘ってくれる。

会場 : 国立国際美術館(大阪市北区中之島 4-2-55)
会期 : 7/2(日)まで
休館日 : 月曜日
開館時間 : 午前10時〜午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで、入場は閉館の30分前まで)
入場料 : 一般900円(600円)、大学生500円(250円) ※( )内は20名以上の団体料金
www.nmao.go.jp/exhibition/2017/gander.html

ライアン・ガンダー《リアリティ・プロデューサー(構造と安定のための演劇的枠組み)》2017年 ©Ryan Gander, Courtesy of TARO NASU
ライアン・ガンダー《ひゅん、ひゅん、ひゅうん、ひゅっ、ひゅうううん あるいは同時代的行為の発生の現代的表象と、 斜線の動的様相についてのテオとピエトによる論争の物質的図解と、映画の100シーンのためのクロマキー合成の試作の3つの間に》2010年 ©Ryan Gander, Courtesy of TARO NASU 石川コレクション、岡山
ライアン・ガンダー《アンパーサンド》2012年
©Ryan Gander, Courtesy of TARO NASU 石川コレクション、岡山
5ライアン・ガンダー 『ポートレート・シリーズ』より(参考図版) ©Ryan Gander, Courtesy of TARO NASU
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック