HANKYU.MODE

NEWS-OTHER NEWS

LEANDRO ERLICH: SEEING AND BELIEVING

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

2017.11.9

OTHER NEWS

国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ。そんな彼の四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展。1995年から2017年までに制作された作品のうち約40点を紹介し、その8割が日本初公開。作品を通して私たちは、見るという行為の曖昧さを自覚させられる。惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくるだろう。

会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
会期:11/18(土)〜2018/4/1(日)
開催時間:午前10時〜午後10時(火曜日は午後5時まで)※入館は閉館時間の30分前まで ※会期中無休
入場料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、こども(4歳―中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/index.html

《建物》2004年 リノリウムにデジタルプリント、照明、鉄、木材、鏡800x600x1,200cm
展示風景:ニュイ・ブランシュ、パリ、2004年 ※参考図版
《スイミング・プール》 2004年 コンクリート、ガラス、水 280 x 402 x 697 cm 所蔵:金沢21世紀美術館
撮影:木奥惠三
画像提供:金沢21世紀美術館
※参考図版
《反射する港》 2014年 《建物》 2004年
繊維ガラス、金属フレーム、駆動装置、木材、アクリル板 サイズ可変 展示風景:「ハンジン・シッピング・ザ・ボックス・プロジェクト 2014」韓国国立現代美術館、ソウル、2014年
撮影:Alejandro Guyot
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック